定年後 アルバイトと自営のダブルワークへ

こんにちは、こめまるです。

先週の火曜日にアルバイトの面接に行ってきました。

その1週間後に採用の連絡があり、昨日履歴書の原本を持って再度訪問しました。

面接から、採用の電話をもらうまでの1週間はとても長く感じました。
というのも面接官からは、採用の場合は1週間後に連絡します、それよりも早くすることもあります、と聞いたので、連絡ないというのはダメなのかとも思いました。

でも、きっちり1週間後に連絡が来て、ホッとしました。




定年後のアルバイトの意義

今後の僕の働き方は、アルバイトと自営の二本立てです。

本音は、自営だけで生活できるようにして、アルバイトは社会との接点としてやっていくようです。

でも最初は、自営での収入も少ないので、アルバイトの収入がメインになります。
そのため全然足りないのですが、そこは貯金を切り崩すしかありません。

でも、それも限界がありますから、今年中に自営とアルバイトで30万円以上の収入にすることが目標です。




定年後のアルバイト 自営とのダブルワークの意義

僕の自営は、ネットを利用したビジネスです。

だからPC一台あればできる仕事です。

しかし、孤独な作業でもあります。

一方、アルバイトは接客業です。

家具や日用品の量販店でいろんなお客さんがやってきます。
そういう人たちと接することで社会とのつながり感じて行きたいと思っています。

最後に

生活を安定させるには、まず自営での収入を伸ばすこと。

これから年末に向かってそれに集中していく予定です。
楽観主義の僕ですから、なんとかなると思っています。

なんとかならなければ、また考えれば良いのです。

そんなスタンスでやって行こうと思っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。