生命保険の契約と解約 定年後は全てやめちゃいました

就職したらすぐ大学時代の友人が、

生命保険に入ってくれとやってきました。

いま考えると独身だから、何も入る必要はなかったと思います。

でも、社会人になったら入るものと思って入りました。

受取人は、親にしていました。

ご丁寧に結婚するまで入っていました。

ちなみに保険のお世話にはならずにすみました(笑)




生命保険の契約 結婚後は必要ですね

結婚して妻が、生命保険の契約替えを持ち出しました。

なんでも今入っているより、お得だということで、

妻の言う通りに新しい保険に入り直しました。

また、会社で取引先の百貨店経由で

がん保険に加入することを勧められ、

こちらも入りました。

この時点でも、生命保険、医療保険に入るのは、

社会人としての常識だと思っていました。

生命保険 再び新規契約 55歳の時

結局、生命保険料の支払いは滞ったことはなく、

確か55歳の時に、以前の会社の同僚が保険の外交員になったので、

再び契約替えをしました。

また、都道府県のやっている共済にも入っていて、

月々の支払いが4万円くらいになっていました。

そのうち、1.5千円は貯蓄型だったので、

まるまる掛け捨てでなかったのですが、

月々4万円は大きな負担でした。

この段階で、保険会社に払った金額は、

1,000万円は超えていたでしょうね。

今考えても自分の知識のなさと主体性のなさ、

およびバカ正直すぎることに

自分で、自分に腹が立ちました。



生命保険の解約 定年後きれいさっぱり止めました

定年になってから約1年、

思い切って生命保険、医療保険、共済全て解約しました。

さすがに多少抵抗を感じました。

でも、思い切って解約しました。

まず、子供たちも全員成人しましたから

生命保険は必要ありません。

何かあれば、妻には遺族年金が支払われます。

医療保険に関しては、

日本の高額療養費制度は年齢が高くなると、

本人負担が少なくなる仕組みです。

また保険料を払うならそれを貯蓄に回した方がいいのです。

僕は、生命保険料を払っていた分は、つみたてNISAに回しました。

最後に

定年になれば、生命保険、医療保険は解約しても差し支えません。

それは、自分の貯蓄と公的保障でなんとかなるからです。

でも自分の力では無理なのが、交通事故の加害者になった時です。

自分の貯蓄だけでカバーできません。

だから僕は自動車保険と借りているアパートの火災保険は払っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。