定年後 70歳以上まで働く人が三割 日本経済新聞の調査で

今年の1月の東京は、カラッからの状態です。

お昼の報道番組ですは、何年ぶりかの降水量の少ない1月だそうです。

湿度も20%代で、僕のような60代にとっては、

肌がカサカサになってしましまう。

そう言えば、若いころ、じいさんがお札を数える時、

指を舐めてから数える様子を見て、

「きたねえなぁ」

なんて思いましたが、

※乾燥地帯

今はその行為が理解できます。

もちろん僕は指を舐めないで、

水を付けるようにしていますが。。。




日本経済新聞 郵送世論調査を実施 70歳以上まで働く3割

今日の日本経済新聞の一面は、

「70歳以上まで働く」3割

郵送世論調査 老後に不安も

という見出しです。

日本経済新聞が初めて実施した調査で、

70歳を過ぎても働く意欲を持っている人が3割を占めたそうです。

昨年、2017年の70歳以上の就業率が、

15%ですからそれを大きく上回ったことになります。

また、働いている人を限定した場合、

その割合はより高くなり37%になるそうです。

政府は、高齢者就労の促進に取り組んでいますので、

この割合はより進むかもしれません。



定年後の再雇用プログラムの更新しないといけないかも

現在、政府の指導により、

企業は、希望する社員を65歳まで、

働く場を提供しなければなりません。

でも、日経新聞の調査では、

平均66.6歳まで働きたいということなでの、

65歳を上回っています。

また僕のような60代の働く人に限定すると

平均69.2歳にまで上がります。

そのうち、70歳以上まで働く意欲のある人は、45%も占めています。

もし僕がこの調査の対象になっていたら、

当然70歳以上まで働くと答えています。

急速に延びている高齢社会は、

この数年間内に70歳まで働く場のが当たり前になっていると思います。

そして政府も高齢者雇用安定法の更新をするでしょう。



定年後 長く働くにはその働き方が大事だと思う

いまでも、働くことに対して

苦役と考えている人が一定の割合いるようです。

つまり、65歳まで働く、70歳まで働くというと、

何か、可哀想とか、辛いとか、哀しいとか感じる人がいます。

それは労働=苦役

と考えているからでしょう。

僕より上の世代で多いのは、まだ精神論を唱える人がいます。

でも、最近のスポーツ選手などは、

よく試合に臨むに当たり楽しみたいという人が多いです。

僕は、これは仕事に当てはまることです。

歯を食いしばって働くよりもニヤニヤして働きたいと思います。

それには、雇われる、使われる働き方ではなく、

自立した働き方、つまり雇われない、使われない働き方です。

定年後には、個人事業主になって、気に入った企業と業務提携して、

いくつか掛け持ちしたりしながら、

自分がいままで培ってきた経験などを

提供できるよう働き方が出来る社会になればいいな、と思います。

最後に。。。

僕は、1957年(昭和32年)生まれです。

団塊の世代からずっと出生数が減ってきて、

この年底になり、ここら反転してまた出生数が増えて行きます。

それ1980年頃まで続きます。

だから僕らの世代は、前後の競争の激しい世代に挟まれて、

どちらかというとのんびり、伸び伸びした人が多いように感じます。

そして、いつも時代の過渡期にいるような感じも持っています。

これについてはまた改めて書きたいと思います。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。