定年後になって 勢古浩爾著『定年のリアル』を読んでみたら

勢古浩爾氏。

文筆業者で1947年(昭和22年)生まれだから、今年71歳。

僕よりちょうど10歳年上。

つまり団塊の世代の人です。

勢古さんが、書いた『定年のリアル』を読んだのは
定年の2年ほど前だったでしょうか。

勢古氏は、34年勤めた洋書輸入会社を定年退職して、
その後は文筆業で食っている人です。

僕が最初に読んだ3年前には、
結構その生き方に憧れたものですが、

いま、読むとこれからの時代にはちょっと無理があるかな、
と思わないでもありません。

でもその通りだと思うこともあります。

今日は、この『定年のリアル』に少し突っ込んでみたいと思います。




定年のリアル 作者の言いたいことはまえがきとあとがきに

作者の言いたいことは、

まえがきとあとがきに集約されていることが多いです。

小説は別としてこのようなハウツーものは、

まえがきとあとがきを読めば、

作者の言いたいことの方向性はわかります。

まず、えっ!?と思うのは、

定年後の不安は、「お金」「生きがい」「健康」と言っておきながら、

本書にその「答え」はない、と言い切っています。

つまり巷に溢れている「退職本」「老後本」のほとんどは、

夢や希望や楽しさにあふれた「セカンドライフ」をいい、

「おひとりさま」でも大丈夫、ほらこんなに

充実して楽しい定年後や老後が待っていますよ、

これからが本当の人生です、みたいなものばかり、と書いています。

僕は、これに追加して不安煽るものも多いと思います。

つまり、アメとムチと言ってもいいと思います。

定年退職者がキモに銘じておかなければならないこと

勢古氏は、『定年のリアル』について次にように書いています。

巷に多く出ている、夢や希望を売り物にしている本は役に立たない、

主張するのがこの『定年のリアル』という本である、と。

そこからの勢古氏の論旨の展開は痛快です。

定年後の生き方、私はどうしたらいいの?なにか教えてくれ!

というように具体的な方策を他人や本に求める根性がだめである。

求めさえすれば、自分の現実を変える「方法」や「答え」を

お前は示すべきだ、という根性じたいがダメである。

そんな魔法のような「方法」も「答え」もどこにもない。

有名人や学者や金持ちに聴いても無駄である。

とほぼ読者にけんかを売るような論調だが、

結論は、どこまで行っても、自分の老後であり、

自分の人生なのだから、自分で考えるしかない、としています。

よくぞ、言ったという感じです。



高齢社会の問題は、高齢者以外の社会問題である

日本は、高齢化社会⇒高齢社会⇒超高齢社会へと突き進んでいます。

実は、この社会問題は、高齢者の問題ではなく、

高齢者以外の政治家、経営者、現役の会社員、若者、子供たち、の問題なのです。

当の高齢者はほったらかしというか、

国や社会から望まれているのは、

体が動く間は、ずっと働いて、健康を保ち、

年金の受給は繰り下げてくれ、

そして振り込み詐欺のようなくだらないことに引っかからないで、

貯め込んだお金をどんどん使ってくれ、ということなのです。

だから、一人一人の高齢者は、自分で自分をどうするしかない。

「自分のリアル」は自分にしかわからない。ワラをもつかみたい気持ちはわかるけど、所詮ワラにすぎない。他人の空虚なワラよりも、自分のたしかな一本の糸のほうがよほど大切である。かならずしも陰々滅々の後半生ではないはずである。といって、楽しくてしょうがない老後などあるはずもない。その間で、なんとかのんびりと自由に生きて行きたいものである。「いや、わたしはまだバリバリやるよ」でももちろんかまわない。それが一人ひとりの「自分のリアル」ということなのだから。

と勢古氏は、まえがきを締めくくっています。



さいごに

僕は定年関連の本を読んで、おかしいな、と思うのは著名人などが、

上から目線で、定年後の生き方について、偉そうに書いているものです。

逆に役立つのは、具体的な年金のもらい方やお得な投資銘柄、

それに起業についての本です。

上から目線の定年本がなぜ嫌なのかと言うと、内容が無責任だからです。

やはり、定年後の生き方は、これから社会人になるというものとは違い、

ひとそれぞれの幅をかなり広いと思います。

結局自分で考えて行動していくしかないのですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。