苦手な人を克服する方法

おはようございます、ともやんです。
還暦まで103日。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を再読しています。
20代、30代、40代と読んで、今回4回目の再読。
50代最後の読書として僕が選んだのがこの本。

読み始めるといままで気づかなかったことに気づき、
いい小説は何度読み返してもいいものです。

さて、その中に、竜馬が行動の基準にしていたと思われるメモを記しています。

その部分を引用していみると

人に会ふとき、もし臆するならば、その相手が夫人とふざけるさまは如何ならんと思へ。
たいていの相手は論ずるに足らむやうに見ゆるものなり。

僕の好きな映画評論家、町山智浩氏も同様のことを言っていて

もっとも町山氏はもっと直接的な表現をしていますが、

僕も苦手な相手と接するときは、その方が女性と接しているときの様子を
思い浮かべています。

そうするとなぜか落ち着くんですよね。

もし苦手な人と会うのにおっくうな場合は、やってみてはいかがですか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。