60才の旅立ち、世のため、人のため、自分のため 定年日の日記より

こんばんは、ともやんです。

これから紹介するのは、

定年の日を迎えた、

2017年9月30日の日記です。

ちょっとしおらしいことを書いているので、
突っ込んだり、頷いたりしたいと思います。




60才の旅立ち 定年退職して契約社員になりました

9月30日付けで、35年6ヶ月勤めて会社を定年退職しました。

とって言っても明日から契約社員として継続して働きますが。

ただ給料は、大幅にダウンです。

業務は、正社員時代と同じ業務ですが、

残業や休日出勤を命じられることは無くなります。

その他、労働条件は、正社員時代よりも緩くなり、

その分、自分でコントロールできる時間が増えるので、

その分を別のことに時間を使っていきます。


60才の旅立ち 社会人になって一番長く感じた年は

新入社員の1年と定年前の1年でした。

新入社員時は、それまでの大学生活と大きく変化したので分かります。

でも、定年前の1年がこんな長く感じるとは意外でした。

勤めている会社では、

入社10年目、20年目、30年目と勤続表彰を受けるのですが、

どれも通過点的で、特に感慨はありませんでした。

でも、定年前は、定年後のことをいろいろ考えたり、

恩師の方が何人か亡くなったりと、自分もあと10年くらいなのかなと考えたりして、

それまでの流れと違う視点に立つことが多くなったので、

実感として長く感じたのかと思います。



60才の旅立ち 社会人になって年齢を気にしたのは2回

60年間生きてきて特に年齢を強く意識したのは2回です。

1回目は30才の時。

入社して6年目でしたが、それまでの学生気分もすっかりなくなり、

もう若くないんだ、もう青春は戻らないんだ、

これから結婚もして責任ある生活していかなきゃ、と強く思ったからです。

そして2回目が60才の時。

先月の4日でしたが、いままでよく頑張ってきたなという自分への慰労と、

いやいやこれからもまだ一花咲かせるぞ、という意気込みを感じたからです。



まとめ

3人の子供たちもみんな成人して、後は自分のため、

そしてそれが結果として世のため、人のためになるともっといいか、

なんか柄にも思ってしまいました。

これからは生きていることを世のため、人のため、そして自分のために

使っていけたらと思っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。