60歳 定年後に準備は59歳から。再雇用?再就職?

こんにちは、ともやんです。
今日からこのブログを始めます。

定年まであと1年と少し、このブログを書きながら自分自身を見つめて行きたいと思います。

また、もし皆さまの参考になる部分が少しでもあれば幸いです。

60歳の準備 59才になったら年金受給の準備をしよう

僕は、1957年9月生まれなので、来年9月末で定年になります。

還暦まで364日

定年まで391日

さて、59才というといろんな節目の年齢です。

今日は、年金について少しご案内します。

59才は、年金受給の節目の年齢になります。

基本中の基本をお伝えします。

(1)59歳になったら、年金受給のための事前準備を始める。

(2)年金をもらう資格があり、厚生年金や共済年金に1年以上加入したことがあれば、支給開始年齢になったら、年金請求の手続きをする。

朝の明治通り

このブログでは、60歳からの生き方という大げさですが、ヒントをご案内して行きたいと思います。




60歳になったら、3つの選択を

僕は、あと1年で60才になり、約13カ月で定年を迎えます。
その時の僕には、3つの選択肢があります。

まず、生きていれば必ず来るのが定年退職です。
3つの選択肢は、定年退職した後です。

まず、一つ目
再雇用で、いまの会社で継続して働く。

二つ目は、
別の希望に再就職するか、自営をやる。

三つ目は、
もう働かない。

この中で、三つ目はないね。

さて、これからの1年で僕は、一つ目と二つ目のどっちを選択するのでしょうか?



60歳からの働き方

大学を出てから35年、同じ会社で働いています。

僕は、いまこの会社でそのまま再雇用申請するか、それとも飛び出すか?気持ち的には飛び出したいのですが、それには収入の確保が必要ですね。

それ次第かな。

再雇用、つまり仕事の継続を希望するのが、6カ月前までなので
それまで決めたいと思います。

まとめ

人生で定年を迎えるというのは1回限り。

小学生になる、中学生になる、高校生になる、大学生にある、そして社会人になるということには、多くのサンプルがあり、成功事例も豊富と思います。

でも定年後というと何が一番いいのか?というのは少ないように思います。中には、まだ定年にほど遠いような人が、偉そうに定年後の提案をしているような例もあります。

つまり定年後は、人生の最後に繋がるからでしょう。
だから余計にリアルな気持ちとして残して行きたいですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。