定年後 老いるショック! 第一次を迎えて

シニアライフ

こんにちは。
こめまるです。

今日、9月16日(月祝)は、敬老の日です。

敬老の日とは、国民の祝日のひとつで、現在9月の第三月曜日に設定されています。

主旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」です。

この主旨としては良いのですが、僕は勤老を唱える一人です。

勤老とは、僕が作った言葉ですが、年とっても働こうよ、という意味です。

それも働かされるのではなく、自主的に楽しんで働こうよ、という意味です。

スポンサーリンク

定年過ぎると老いるショック!がやってくる

さて、定年も過ぎると老いるショック、がやってきます。

老いるショックというのは、みうらじゅんさんが言い出した言葉で、
少し前、TBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」に出演していて、

そこでみうらさんが、「老いるショック!」と力強く言い切れば、なんか楽しくなりません?みたいなのりで話していました。

それをまねたのかどうか、TBSラジオでは、この「老いるショック!」がよく出てきます。

昨日のジェーン・スーの生活が踊るや、今日の伊集院光のらじおとも老いるショック!で盛り上がっていました。

ただ、みなさん、まだ40代ですから、まだ似非老いるショック!ですね。

まあ、彼が第一次老いるショック!で、みうらさんや僕は第二次老いるショック!ですね。

老いるショック!ってなに?

老いるショック!とはなにか?

いままで出来事が出来なくなる。

スポンサーリンク

歩いていても追い抜かれるようになる。

文庫本が、読みづらくなる。

この辺のショックは、高校生から始まります。

まず、年上のお兄さんたちがやっていた高校野球が、そのうち弟世代になり、

気が付くと息子世代になっています。

自分と同世代の野球選手が引退しだす。

高校野球の監督が自分と同世代か年下。

そのうち、少年時代憧れた野球選手の訃報が届く。

そして自分との年の差が意外と近いのに驚く。

僕の場合は、星野仙一さん、衣笠祥雄さんは、僕よりずっと年上だと思っていたけど10才しか離れていませんでした。

ああ、老いるショック!です。

あっ、アルバイトに行くので夜まで中断します。

最後に

アルバイトから、戻ってくると疲れちゃって追記できませんでした。

僕は完全な朝型で、ブログの更新はほぼ朝やっています。

で、僕は現在老いるショック!を感じながら、その状況を楽しんで行こうと思っています。

僕の第一次老いるショック!はこうやって始まりました。

第二次老いるショック!、第三次老いるショック!も報告できるようにジタバタ行きたいと思います。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました