定年後の生き方 終わりよければすべてよし、で行きたいが。。。

こんばんは、こめまるです。

若い時に目立って活躍する人もいます。

僕が所属している会社にも業界にもいました。

でも、知らない間に見なくなり、いま何をしているか知りません。
きっとどこかで活躍しているのだと思います。

ただ、若い頃の成功が、中高年まで持ち越すことが出来るかどうかわからない。

一方、あれあの人まだいるんだ、と言う人も業界内にいます。
もう60歳は超えているだろうな、と思いますが、本人はしっかり働ています。

僕なんかはそんな口でしょうね。



定年後の生き方 中高年になっても不遇な会社員人でも

若い時には注目されず、中高年になっても不遇な会社員人生を送った人でも、
定年後に輝けば過去の景色は一変します。

終わりよければ、すべてよしなのです。

そういう意味では、人生の後半戦が勝負なんですね。

定年後の生き方 一生懸命働いたのに評価されない

日本の働く男性は、定年後世界でもっとも孤独な存在になると
統計上出ています。

これは、サラリーマン時代に会社の仕事を最優先で行ってきたからです。

日本の働く男性が、人間関係を構築したり、付き合いが下手なのですはありません。
会社員時代にあまりにも組織の中で濃密な人間関係を構築してきたので、

会社や仕事を離れて、人間関係を構築する余裕がなかっただけです。

僕なども、その口ですが、有休もとらず、毎日残業して、休日出勤もして働いてきたのに、それを知っているはずの代表にも現状の仕事ぶりに嫌味を言われるわけです。

いや、それとも定年まで働いた人間の働きぶりに気づかなかったのでしょうか?



定年後の生き方 不遇な会社員人生にさよならするために

いま50歳くらいの人に伝えたいことがあります。
自分の権利をしっかり主張してください。

もちろんそれだけの働きは必要ですが、不遇でもいいですから、残業はしない、休日出勤しない、有休はとる、など最低限の権利は行使してください。

これをいま無理して残業をやった、休日出勤をした、有休を取らないで働いたとしても、
一時的に評価されるかもしれませんが、評価なんて長続きしません。

だから、不遇のうちに定年後の準備をしておくことですね。

まとめ

僕は、50歳代半ばで定年後の働き方を考えて、雇われない働き方を模索しました。

結論は、ネットビジネスの世界です。

ネットビジネスでもいろんな形態があります。

僕が目指しているのは、アフィリエイトです。

すぐには結果が出ないし、根気が必要ですが、ようやく手ごたえが出てきました。

独立する1年後が楽しみです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。