定年後 人生が二度あれば、いや一度でも長すぎる!?

おはようございます!

中学卒業の時に、
クラスで各生徒が、一言ずつ寄せ書きをしました。
その寄せ書きは、どうしたんだろうとふと思いますが、
多分、担任の先生に私のかも知れない。

担任の先生も10年ほど前に、風の便りで亡くなったと聞きました。

僕らより二廻りくらい年上だったと思うので、
70代半ばだったのでしょうか?

高校3年の時の同窓会でお会いした以来ですから、
もう40年以上前にお会いしたのが最後でした。

柔道部の顧問で、剣道も有段者でした。

お互い竹刀を構えて立ち会ったときの鋭い眼差しは
今でもよく憶えています。

中学卒業の寄せ書きに、人生が二度あれば

中学の卒業時ですから、15歳。
人生なんてこれから、夢や希望に溢れていた時代、
と今なら考えるかもしれませんが、

当時は、そんな感じではなかったですね。
大人はそう思うだけで、15歳の思春期の少年少女の
心の中では微妙だったと思います。

さて、その寄せ書きの中で、
ひと際異彩を放っていた寄せ書きがありました。

「人生が二度あれば」

書いたのは、女生徒でした。

これから数年後、僕は彼女と僅かな期間付き合うことになりますが、
僕は、その寄せ書きを見た、衝撃は、いまでも忘れません。




井上陽水の曲だった、人生が二度あれば

僕は高校生になりました。

そしてギターを始めました。
当時は、フォームブームだったのです。

吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫といったスターが出てきて、
僕は、彼らの歌をギターを弾きながら歌ったものです。

その中に井上陽水の曲に

「人生が二度あれば」

という曲があるのを知りました。

井上陽水が、自分の両親を見たイメージを歌にしたものです。

人生が二度あればは、1972年3月1日に最初のシングルとして
発表した作品です。

当時の平均寿命は70歳前後。
歌では父が64歳、母が65歳の設定ですから、
もう老後と言ってよい年齢だったと思います。

平均寿命が70歳前後の時代に、
あと数年でとなった時、人はどう思うのですか?

当時60代半ばの人だったら、
明治後期から大正生まれ、
第二次大戦時から敗戦後は、30代から40代の働き盛りで、
それこそ復興に向けて身を粉にして働かれたことでしょう。

だから、「人生が二度あれば」というメッセージは
非常に重かったと思います。



人生が二度あればから40年余年

井上陽水が、人生が二度あればを発表してから
45年が経ちました。

時代は進み、現在では、男性の平均寿命も80歳を超える時代になりました。

しかも、人生100年時代、なんて言われる時代になったのです。

僕が子供の頃までは、まだ人生50年という言葉が生きていました。

50歳を超えれば、もう老人の仲間入りで、
余生と言うイメージでした。

漫画「サザエさん」の父親、波平さんの設定年齢が54歳なんですからね。
いまだと70代がちょうどいいという感じです。

さて、これからは、人生が二度あればという前に、
この一度の人生をどう過ごすか、ということが大きな課題になりました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。