定年退職者に贈る クリスマスプレゼント 午後8時以降の男たちへ

人生を時計に見立てると60才は午後8時

おはようございます、ともやんです。
今日、12月24日はクリスマスイブ。

若い頃は、それこそ意中の女性を仕留めようと
あれこれ考えた人も多いでしょう。

また、もう会わない恋人と一緒に過ごした青春の日々を

懐かしく思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

さて、人生を時計に見立てる考え方があります。
“人生時計”と言って、僕自身は面白いと考えだと思います。

どんな換算の仕方かというと、

生まれた時を午前零時として、1年を20分で換算して行くのです。

つまり3才は午前1時。
小学1年の7才は、午前2時20分。
中学1年の13才は、午前4時20分。

高校1年の16才は、午前5時20分。、
大学1年は19才は、午前6時20分
大学を出てすんなり就職をする23才は午前7時40分。
まさに朝のスタート時間ですね。

それで少しくたびれて来る50才になると、午後4時40分。
たそがれ時間に近づいてきます。

そして退社時間の午後6時は、この考えで行くと54才なんですね。

ここから残業。

つまり定年の60才は、残業で残務整理をして午後8時となります。




定年退職者の午後8時以降の生き方

午後8時を過ぎてもまだ2時間ほど残業する同輩もいますね。
僕なんかそうですよ。

普通残業の場合は、割増賃金ですが、割引賃金ですが。

そう午後8時からの過ごし方は、人それぞれなんですよ。

何かをしてもいいし、何もしなくてもいい。

家に帰ってビール飲みながら、バラエティー番組を観るのもいいし、
仕事とは全く違う畑の人達と付き合うのもいい。

勉強するのもいいし、キャバクラでお姉さんを口説くのもいい。

あと4時間のいのち。

もちろん翌日まで行く人もいるでしょうけど、それは自分で決められない。



定年退職者に贈る光の饗宴

定年退職した人に、東京ミッドタウンのスターライトガーデン2017をお届けします。

現地で愛する人と手を繋いで観たいですが、行けない人のために数日前に撮ってきました。

※多分今日がピークですね。僕のおすすめは11月中から12月前半なんですが。

それでは、メリークリスマス!

全ての人たちに幸あれ!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。