終活、アンチエイジング おかしくありませんか?

おはようございます、

ともやんです。

今朝は曇りで、気温も低く、いつも見る慶應義塾大学の銀杏並木も寒々しく見えます。

ああ、冬だなって実感しますね。

さて、終活という言葉があります。

自分の最期に向けて準備しておくことです。

それ自体は、悪くないのですが、終活ビジネスとなると、悪ふざけ?と思われるものもあるようです。

やれ死装束の試着やファッションショーとか棺桶のお試し体験とか、葬儀の際の振る舞いの試食とか、はっきり言って本人には関係ないよね。



僕は遺族のために遺言(困らないように貯金通帳と保険)書いて遺影を撮って残しておこうと思うくらいです。

それは僕が急逝した場合、遺族が当面困らないようにするためです。

しかもそれがいつのなるか分からないから、早急にやっておかないとなりません。

人間は生まれてくるときと、死ぬときは預かり知らないことですからね。

アンチエイジングも変な言葉です。

年取ることに抵抗することですから。

これには、老い=悪という考えがあるようで嫌ですね。

人は生まれて、生きて、老いて、死ぬ。

その時々に様々な出来事がある。

それでいいじやない?

と思います。

どちらもビジネスが絡んでいます。

商魂たくましいですね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。