定年バカ 焦ってはいけない 定年後のスタンダードはないんだよ

こんばんは、ともやんです。

相次いで、定年本を読みました。

ベストセラーになっている、楠木新氏の「定年後」と
勢古浩爾氏の「定年バカ」です。

定年をネタにした本は、大きく分けて2種類があると思います。

一つは、定年後はバラ色の人生が待っているというもの。
いままでは、家族や会社に縛れてきたけど、これからは好きなことが出来ますよ、というもの。

もう一つは、危機を煽るもの。
特に経済的なものが多く、老後資金は、3,000万円でも少ないとか、
そのたぐいなもの。



定年後にみる不思議さ

これがベストセラーというから不思議な気がしました。

別に悪い本ではなし、なるほどを思う部分もあるんですが、
なんか切れ味が悪いような印象を持ちます。

つまるところ、定年後も働けということですね。

しかも、会社員時代は、不遇でも、定年後に輝ければ、良い人生だったと言えると締めくくっています。

僕もそうありたいと思いますね。

定年バカにみる爽快さ

勢古氏の著書は、昨年「定年のリアル」を読みました。

定年、定年と騒ぐじゃないよ、なにかやってもいいし、やらなくてもいい。

定年後の生活は、定年者の生活の数は、定年者の人数あるのです。

それぞれの定年後を生きればいいので、定年後8万時間もあるんのだから、何かやらなきゃって、やりたい人はやればよいし、何もしないという選択肢もあるんだよ、ってことで、

勢古氏は、多くの定年関連の本を参考に独自の考えを展開していて、
とても爽快です。

僕は、この本おすすめですね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。