人生100年時代なんて来ないと思う 唱えている人たちには裏があります。

人生100年と唱える人には裏がある

こんばんは、ともやんです。

最近、なにかと人生100年という言葉を耳にするようになりました。

特に政府が行っているらしいですが、本気なんですかね。

単にゴロがいいから言っているとしか思えないですよ。

これは、政府の詭弁でしょう。

皆さん、人生100年ですよ、長生きして、働いて、年金は80才から支給します、なんてことになったら、多分半分以上の人が年金をもらわないで、あの世に行っちゃいますね。

しかも年金をもらえないお年寄りたちは、老体に鞭打って、
ヘロヘロになりながら働き続けなければなりません。

僕は、政府が人生100年と言えば言うほど、その裏側が見えてくるように思います。



長生きが嬉しくない時代が来た

もしかしてもうそんな時代なのかもしれない。

長生きが尊ばれたのは、長生きする人が少なかったから。

ところがいまはそうではなくなったし、人生100年とかいう言葉まで出てきています。

僕自身は、元気なら90才まででも100才まででも生きたいと思っています。

でもこればかりは、自分が望んでも難しいでしょう。

体の衰えと最期を決めるのは自分ではないのですから。

体の衰えは自分の努力で多少は伸ばせるかもしれませんが。

つい100年も遡らなくても、人生50年と言われていました。
僕はこの言葉の方が重があると思います。

人生50年しかないんだから、
10代でしっかり生きる知恵を学んで、
20代で結婚して子を儲け、40代で子を社会に出して繋いでゆく
50代で人生のフルコースを完結させる。

人生50年しかないと意識した方が、充実した人生が送れるように思います。

まとめ

人生100年時代と言われるようになりましたが、
惑わされないように。

10代には10代にしか出来ないこと、20代には20代にしか出来ないことがあります。

過ぎた時間は取り戻すことは出来ません。
月並みですが、毎日大切に過ごしたいですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。