母の葬儀は、再会の場所 母が会わせてくれた

葬儀であった懐かしひとたち

こんばんは、ともやんです。

母の葬儀に出て、嬉しかったのは、
懐かしい方々に何十年ぶりにお会いできたこと。

母には、3人の弟がいて、僕が幼少の頃、よく遊んでもらったものです。

特に僕が保育所にいたことから小学校の低学年ころまで
いまから50年も前のこと。

叔父たちはみんな、70代になっていますが、
叔父たちと話していると僕の原点を見る思いでした。

自分の原点を見つめて

50年前というと叔父たちも20代前半。

1960年代ですから、日本も今から比べようもないくらい
荒っぽくて元気だった時代。

大人しい子供だった僕は、叔父たちに荒っぽくいじられて、それが人並みに生きてこられて原動力になったのかもしれません。

こんな再開で演出してくれた母に別の意味でも感謝しました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。