おくりびと、納棺師のお仕事に立ち会って

日記

おくりびと 納棺師というお仕事

 

おはようございます、

ともやんです。

 

数年前「おくりびと」という映画が話題になりましたね。
映画としても高い評価を得ていたと思います。

 

今回、母が亡くなって初めて納棺という仕事を間の当たりにしました。

納棺という仕事は、葬儀会社の社員の方がやられたのですが、
仮にMさんとしますが、40代半ばのいかにもテキパキとした方で、

 

仕事そのものも手際よく鮮やかなものでした。

見たままそのまま伝えます。



納棺のお仕事内容

まず、Mさんにこれから納棺を致します、呼ばれ、
父と私と妻、妹夫婦の5人が、周りに座布団敷いて座りました。

 

まず母が着ていた、浴衣をのようなものを取ります。

掛布団の両側面に回って、周りからは見えないように
手際よく着衣を取って、その着衣も僕らから見えないように、
グレーの大きなビニール袋にしまいます。

 

次に大きなガーゼのようなものにアルコールを付けて、母の身体を清めます。

 

これも掛布団の両側面から行われ、僕らから見えません。
消毒用のアルコールに匂いがしてきました。

 

次の既に用意されていた白装束から足袋を取り出し、履かせます。

そして、浴衣のような形状の白装束を着せます。
先ほどの反対の作業ですね。

 

帯もちゃんと締めます。

母に死化粧 僕が口紅を塗る

それから簡単な化粧をするのですが、
最初にMさんから誰かされませんか?という投げかけがあったのですが、父も妹もしないというので、Mさんがでは私が致します、ということになっていました。

 

しかし、Mさんの一連の作業を見ていた、僕は、やろうと思い、
Mさんが、化粧道具を手にするところを見計らって、
「僕がやります」
と伝えました。

 

口紅だけ塗りましたが、妹が明るい色が良いというので、ピンクの紅をブラシ?で塗りました。

 

初めて塗った口紅は母の薄い唇を明るくしました。

ちょっとはみ出したところは妹が直してくれました。

スポンサーリンク

 

 

お化粧が済んでから、Mさんが掛け布団を取ると、

きちんと白装束に包まれた母が現れました。

 

そこから棺の部屋に入れて、5人で敷布の左右についている、
吊革のような輪になた部分を持って、せーので母を棺に入れます。

 

その後、飾っていた花を顔を中心に敷き詰めて行きます。

そして蓋をして、装飾用の布を掛けてます。

 

次に出棺。

 

安置していた部屋は、引き戸を開けるとすぐ外に出られる部屋だったので、中から棺をだして、外で受け取るという男4人掛かりで、搬送用のクルマに入れました。

 

私が遺影を持ち、喪主の父と一緒に同乗して斎場に向かいました。

おくりびとという専門職はあるのだろうか?

映画「おくりびと」で納棺師という仕事が注目されました。
大変なお仕事ですが、時間にして約30分。

これだけを専門に行って食っていけるとは正直思えませんでした。

葬儀というイベントにはいろんなものが含まれています。

 

納棺は葬儀の中の大事な部分ではありますが、それだけではありません。

 

葬儀会社に所属していれば、納棺を受け持つ人はいますが、
それだけではないでしょう。

 

実際、Mさんは前日の打ち合わせから、本日の葬儀が終わるまで
担当して頂きます。

 

それともそれなりの財力がある人が、納棺師を指名するのだろうか。

 

葬儀というものは、必ず来るものだから、奥の深いものです。

これからも知っておくことは沢山あります。

 




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました