母の葬儀で知ったこみ上げる悲しみとは。薄情者のブルースが聴こえる

こんばんは、ともやんです。

母が亡くなり、一連のあの世へのおくりの儀式も終わり、
いつもの日常に戻ったのですが、どうもしっくりこないのです。

なんでかって、悲しみがこみ上げてこんですよ。

僕は、通夜の晩は、母と同じ部屋に泊まって、
夜中に話しかけ来ないかな?とオカルト的なことも

期待したりしてましたが、

もちろんそのようなことはなく、

もしかして最後、火葬場で骨を拾う時にぐっと来るのでは
と思っていたのですが、

それもなく、もしかして自分は、

薄情者かなと思わずにはいられんですね。



薄情者になった理由(わけ)

なんでこんな薄情者になり下がったかと
自分を振り返ってみると、

やはり20才で家を出てから、40年間、
母と同居していないことが一番大きいかもしれない。

もちろん、その40年間に何度も帰省しているけど、
どうも母と過ごした思い出は希薄なんだよね。

やはり、母との思い出は20才までがほとんどかな。

悲しみよこんにちは

母が亡くなった、だから悲しもう、

そして悲しまないのは薄情だ、

と決めつけるのがいけないのかもしれない。

母のことは忘れたことはないし、

これから思い出を手繰っていくとどこかで、

悲しみがこみ上げてくるのかもしれない。

悲しみの方から、こんにちはってやってくるのかもしれない。

そんな時がきたら我も忘れて泣いてやる。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。