残業一覧

定年後 同じ仕事をしても疲れることがわかった 奴隷からの脱出

今世の中は、働き方改革が叫ばれていますが、 内容は、いろいろ問題はあります。 また基本的に考えて、誰のための改革かとも思います。 さて、僕の若いころは、 残業、休日出勤が当たり前で、 上司から飲み会を誘われたら着いていくのが当たり前でした。 自分の時間なんてなかったですね。 そんなことが、50代半ば、つまり5~6年前まで続いたのですから、 良く死なずに生きてこれたと思います。 ところが、特に定年後、残業も休日出勤もしなくなってみると、 いままで仕事というなの奴隷のような世界から抜け出たことを実感します。

定年後 休みの日に会社携帯に出るべきか?やり過ごすか?

僕は、大学を出て、就職した会社に定年までいて、 一旦、定年退職してから、再雇用制度を利用して 現在も働いています。 そこではたから見ている分には大したことないのですが、 僕の中では、多少の葛藤があります。 それは、休みの日の会社携帯に掛かってくる電話に出る、出ない。 出るけど対応する?しない? ということです。 定年再雇用で働きだして約10ヵ月。 いまだに自分のなかで明確に決められないでいます。 それについて考えてみたいと思います。

定年退職後の再雇用 うまくいく人、上手くいかない人の違い

昨年9月末に35年6ヵ月働いた会社を定年退職して、 引き続き再雇用として働いています。 定年前と同じ部署で同じ業務をこなしています。 やっていることはほぼ同じですが、違うのは、残業、休日出勤は命じられない限りやらないことです。 現役時代は、残業も休出も厭いませんでしたが、いまは休出は絶対やりません。 でも残業は多少しますね。どうしても現役時代の名残でしょうか。

持久力がなくなった

こんばんは、ともやんです。 明日から会社を挙げてのイベントがあるため、 その準備に追われ、そのため今日は早出して、 残業覚...