定年後の生き方 やりたいことに挑戦 自分に正直になる

現役の会社員の時は、

誰でも、自分のやりたいことを抑えて、

家族のため、そして会社のために働いたと思います。

時には、理不尽と思われるような業務指示にも

対応してきたと思います。

就職の時は、希望に燃えて入社しても、

自分の希望する部署に配属されなかったり、

思っていた仕事と違ったりと、

多かれ少なかれ不満はあったと思います。

そして、そんな中で定年まで働いてきた人たちは

本当にお疲れさまでした。

僕もよくも生きてこれたものだと自分を誉めています。




定年後の生き方 「できる」「できない」「やりたい」「やりたくない」

ある職人さんがこんなことを言っていました。

『職人の返事は、4つでいい。「できる」か「できないか」、

「やりたいか」「やりたくないか」だけだ。』

これを聞いてとても感心しました。

職人の世界は、うで、つまり技術が全てです。

見栄をはって、「できない」仕事を受けても、

依頼主や仲間に迷惑を掛けるだけです。

でも、いつまでも「できない」ことを

できないままにしていると、腕は上がりません。

職人なら、できないことを克服していかないと

一人前の職人にはなれません。



定年後の生き方 やりたいことだけやっていく

現役のサラリーマン時代は、

それこそ「やりたくない」仕事をたくさんこなしてきたと思います。

雇われる側からすると、会社の指示に対して、

やりたくないからと断るわけには行きません。

それこそ、会社の業務が滞ってしまい、

結局は自分にとってもマイナスです。

それこそ、家族や自分の成長のためと思いながら、

もくもくと仕事を多くの会社員がしてきたと思います。

僕は、残業、休出を厭わないサラリーマンでしたが、

「残業好きなんですか?」

と言われた時には、さすがに

「好きでやってんじゃないよ!」と大きな声を出したこともあります。

だから、定年後はやりたことをやっていきたいのです。

定年後の生き方 やりたいけどできなことに挑戦

再雇用で働くようになれば、

現役時代と違い、権限は無くなりますが、

その分責任もなくなるので、多少は気楽になります。

それでも僕は、従業員200人程度の中小企業で働いているので、

経営者とも近く、面倒なことを押し付けられることもあります。

定年過ぎても、これかよ、というのが、

再雇用に2年目で辞める理由の一つでもあります。

自営になっても稼げるかどうかは分かりません。

でも自分一人の才覚だけで、

いまはできないけどやりたいことに挑戦していくのは

ちょっとわくわくします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。