クルマ一覧

定年後 あなたはなん才までクルマの運転をしますか?

これはとあるテレビでの調査でしたが、 クルマの運転に自信のある人の割合が、 80代が一番高いという調査結果が出ていました。 これは、その年代のドライバーに占める 運転に自信のある人の割合ですから、 80代は、ドライバー自体の絶対数は少ないだろうし、 続けて運転している人は、自信があるから続けている訳で、 考えようによれば、当然と言えば当然なのかもしれません。

クルマを売る時 買取してくるお店の種類を教えてください

愛車を手放す先は大きく分けて 「新車&中古車の販売店」と「買取専門店」の2つに分けることができる。 新車の販売店とはつまり新車ディーラーのこと。 中古車の販売店はディーラーも中古車専門販売店も含む。 新車&中古車の販売店の場合は、 買取り以外に下取りも行う点が買取専門店との違いとなる。 以下にそれぞれの特徴をまとめてみる。

クルマの買い方・選び方 少しでも安く買うための基本講座

クルマの買い方・選び方 事前準備について。 いきなりディーラーに行っても買えるでしょうが、 やはり何事も事前準備は大事です。 しかもクルマと言えば、安い買い物ではありません。 軽自動車でも100万円以上はします。 そこで事前準備ですが、大事なのは情報収集ですね。 車種選びやクルマ自身の情報は、メーカーのホームページや、 クルマの専門誌でチャック出来ます。 でも、実践的な販売情報は、多少、頭と足を使わななければなりません。

車買い取り査定 うわさの真相をさぐる

貴方が新車を購入するときに耳にしたことがあるかもしれませんが、 次の買い替えの時の下取りや買い取りに、 その車種でも「白・黒・パールホワイト」はプラス査定されやすい、 という話を聞いたことがありませんか? だから新車を購入するとき、ついつい白・黒・パールホワイト から選んだって方もいるかもしれませんね。 理由としては、上記3つの色は、飽きが来ない無難な色なので、 プラス査定されやすいと言われています。

トヨタ・アクアの値引き 購入時の賢い交渉などをご案内

新車を買うときには誰でも少しでも安く買いたいですね。 それには、いくつかのポイントがありますのまずその概要を説明します。 新車購入時のトータル価格を必ず把握しておきましょう。    新車購入時のトータル価格は、 車両価格+税金+ディーラーの代行手数料+保険料です。    実際の費用は、上記の金額から値引きと現在所有しているクルマがあれば それの下取り価格または買取り価格を引いたものです。 つまり少しでも安く買うためのポイントは次の3点です。 ①ディーラー手数料の節約 ②本体価格+付属品の値引き拡大 ③下取り価格か買取り価格の拡大