高齢者運転 本当に危ない兆候

クルマ

こんにちは、
こめまるです。

僕は、現在62歳。
自動車の免許を取ってから、約40年です。
幸いにも大きな事故を起こしたことはありません。

免許証もゴールドです。
ただ、60歳を過ぎてから少し不安になってきました。

だから、現在は、周辺5キロ圏内しか乗りません。
そしてある条件で免許を返納しようと考えています。

スポンサーリンク

高齢者運転 免許返納の条件

僕が、免許を返納しようと考えている条件は、故郷の父親が健在のうちは、免許を持つことです。

理由は、父親の送迎などで必要だからです。僕が帰郷した時に父親を乗せて買い物などに行く必要があるので、それで持っていようと考えています。

現在父は86歳です。あと何年必要になるかわかりません。

現在の横浜での生活には、必要と思うことはありません。
家に車がありますが、妻のものです。

結局、僕は生涯自分のクルマを持たずに終わりそうです。
若い頃、オートバイは何台も乗り継ぎましたが、クルマが所有しないで終わりそうです。

スポンサーリンク

高齢者運転 本当に危ない兆候10

以前の週刊文春に、高齢者運転の本当に危ない兆候10という記事が載っていました。

それは以下のものです。

1、心構え:「自分は絶対に事故しない」と気持ちは若いままで譲らない

2、鍵・免許証:キーや免許証の保管場所を忘れ、他人に盗まれたと疑う

3、車体の状態:車が洗車されず、傷が増えている

4、発進時:クリープ現象※を使わない
※クループ現象とは、ブレーキを離すと車両が動く仕組み

5、ペダル操作:ブレーキのタイミングが遅くなり、前より急ブレーキが増えた

6、一時停止:停止線からはみ出し、左右も確認しなくなった

7、車内の様子:会話しながらに運転を嫌がるようになった

8、交差点:信号や標識を見逃すようになった

9、右左折:ウインカーを出さすに曲がるようになった

10、車庫入れ:バックしながらの車庫入れ・駐車で何度も切り返す

高齢者ドライバーの家族は、上記の兆候が見えたら要注意です。僕などは、7と8のミックスの傾向があるよう感じます。

つまり妻と乗っていて、妻との会話に注意がもっていかれ、標識を見落としたことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

高齢者ドライバーの兆候に気付いても免許を返納させるのが難しいのです。

年なんだから、返せと頭ごなしでは、余計意固地になってしまいます。
視力が落ちたんじゃない?急ブレーキが増えたんじゃない?と具体的に指摘した方がいいようです。もちろん、それで意固地になる人もいます。

次は、かかりつけの医師がいれば、その方から伝えてもらう、または信頼している友人がいれば、その方から伝えてもらう方法もあります。

ちなみに僕の父親は、自主的に返納しました。妻の父親は、体調を悪くした時、クルマ要らないかなと言った言葉を妻が聴い逃さず、すぐ買い取り業者を呼んで買い取らせるという荒業で、諦めさせました。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました