ALWAYS三丁目の夕日 昔は良かったは幻想

映画

あはようございます、こめまるです。
還暦まで133日。

『ALWAYS 三丁目の夕日』って映画が人気で、たしか続編も含めて3作品が作られています。

原作の西岸良平『三丁目の夕日』は何度か目にしたことがありますが、残念ながらまだ映画は観ていません。

でもあんまり観る気はしないんだよね。
なんとなく雰囲気が分かるから。

スポンサーリンク

ALWAYS三丁目の夕日 30年代のおとぎ話

多分、むかしは良かったっていうを煽るものかなと思うから。
昭和30年代を舞台にしたおとぎ話だと思うから。
でも観ないでの評論は止めましょう。

でものこの映画、続編も含めて3作も製作されていることを思うと、やはり昭和30年代を懐かしく思う人は多いのだろうな。

このGWに観てみようか。

『ALWAYS三丁目の夕日』(2005年)

『ALWAYS三丁目の夕日』(2005年)

————————————————————————
本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

作者の西岸良平氏は1947年(昭和22年)生まれなのでもろ団塊の世代です。

多分読者にしろ映画を観る人にしろ、団塊の世代の人も多いだろうと思います。
そんな読者や映画ファンに支えられているのでしょう。

団塊の世代より一世代あとの昭和32年生まれの僕にとっては、幼少期を過ごした昭和30年代には戻りたくありませんね。

今から考えるとルーズで野蛮で危険な時代だったと思います。

ただ、良かったなと思うことは日本時代が上昇していた時代だったので、今に比べ世の中には活気があったなとは思います。

現代は日本自体が、下り坂の様を呈しています。

上昇している時、伸びている時よりも下降している時、撤収している時が難しいところですね。

現代の日本と自分の人生を合わせて、どう着陸するか考えるこの頃です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

ALWAYS三丁目の夕日 昔は良かったは幻想

三丁目の夕日 夕焼けの詩(16)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(16)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>三丁目にもじめじめした梅雨の季節がやってきた。だが子供たちは遊びの天才。車の泥はねやぬかるみを避ける行為でさえも、忍法に見立てて大はしゃぎだ。一方、土砂降りの雨のなかでも働かなければならない大人たちは大変。鈴木オートの社長はカッパをかぶって出張修理にかけずりまわり、六さんは

三丁目の夕日 夕焼けの詩(19)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(19)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>大晦日。のぼると小百合の新婚夫婦は、正月はのんびりとふたりだけで過ごそうと語り合っていた。そこへ、突然のぼるの同僚・立木がやって来た。ちょっとタバコを買いに外にでかけたのぼるだが、思わぬ事が重なりなかなか戻れなくなる。次第に小百合と立木をふたりきりにしたことが気になり始め…

三丁目の夕日 夕焼けの詩(15)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(15)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>銭湯は人と人が裸で付き合う場所。三丁目の松の湯は今日もお客さんで一杯だ。一番風呂に集い、都都逸をうなるのは近所のおじいさんたち。やがて日が暮れると、家族づれの時間。鈴木さん一家や、ミキちゃん一家が集まってきた。夜が更けると刺青のおじさんや学生、夜勤前のお巡りさんなど、いろん

三丁目の夕日 夕焼けの詩(14)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(14)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>一平のクラスの聖子ちゃんは、なぜか決して素足を見せない少女だった。身体検査の時も、体育の時間もいつも長ズボンをはいたまま。臨海学校にも一度も参加したことがない。気になってしょうがない一平たちは、「足にウロコが生えてるから」「毛がモジャモジャ生えてるから」などとはやしたて彼女

三丁目の夕日 夕焼けの詩(21)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(21)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>いつものように忙しい鈴木家の大晦日。買い物に出かけたトモエさんは、商店街のくじで一等を当てる。賞品は大晦日から3泊の正月旅行。みんなで喜んででかけるのだが……</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り

三丁目の夕日 夕焼けの詩(17)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(17)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>三丁目の山本山さんの家には大きな柿の木があある。秋になると子供たちが柿の実を狙ってやって来るが、どうもケチな性格の山本山さんは、柿泥棒を追い払うのに大忙しだ。追い払うのは柿泥棒だけではない。自慢の娘・陽子に悪い虫がつかないよう始終目を光らせている。一方、苦学生の下宿の白雲館

三丁目の夕日 夕焼けの詩(32)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(32)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>章太の家の食卓には、いつもおばあさん自慢の梅干しがあった。章太もよくこの梅干し作りを手伝ったものだった。そんな章太も成人して父親となるほどの長い月日が流れたある日。おばあさんは、数年分の梅干しと数々の思い出を章太に残して、天国へ旅発っていくのだった</p>画面が切り替わりま

三丁目の夕日 年々歳々 7 紅葉 (コミック文庫(青年)) [ 西岸 良平 ]
三丁目の夕日 年々歳々 7 紅葉 (コミック文庫(青年)) [ 西岸 良平 ] 753円(税込)【送料込】

楽天ブックス

コミック文庫(青年) 西岸 良平 小学館サンチョウメノユウヒ ネンネンサイサイ 7 モミジ サイガン リョウヘイ 発行年月:2019年10月15日 予約締切日:2019年08月23日 ページ数:224p サイズ:文庫 ISBN:9784091961976 本 漫画(コミック) 文

三丁目の夕日 夕焼けの詩(24)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(24)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>「肥後守」は一平たち子供の宝物。昔は、この小さなナイフ1本で、エンピツも削れば、遊び道具までも作ったのだ。ある日、友だちのサブちゃんが、持っていた飛び出しナイフで大ケガをしてしまい、ナイフや刃物は親たちがら取り上げられることに…</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待

三丁目の夕日 夕焼けの詩(65)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(65)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>行方不明になった飼い猫を必死に探す女の子の前に現れたのは?<br /> ……「猫の葬式」。画家を目指して10年、さっぱり目が出ない男に届いた<br /> 一枚の年賀状が……「年賀ハガキ」。お父さんに買ってもらった安い無線機で<br /> 交信していた少年のもとに届いたSOS

三丁目の夕日 夕焼けの詩(22)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(22)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>久々に鈴木一家は、父・則文の田舎へ里帰りする。そこでバッタリ則文の初恋の人に会う。息子の一平はその女性が母・トモエに似ていると言い出す。ある日、その女性が息子を連れて歩いていたのを見たトモエは、あまりにもその子供が則文に似ているので則文の隠し子ではないかと疑いを懐く…</p

三丁目の夕日 夕焼けの詩(54)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(54)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>▼第1話/名探偵登場▼第2話/としよりの日▼第3話/彼岸花▼第4話/道▼第5話/焼芋(やきいも)▼第6話/おでん▼第7話/エスパー(超能力者)▼第8話/クリスマスケーキ▼第9話/すすはらい(煤払い)▼第10話/不思議なお正月▼第11話/雪の犬▼第12話/必修単位▼第13話/

三丁目の夕日 夕焼けの詩(18)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(18)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>三丁目にある唯一の写真屋さん、高木写真館は学校の卒業アルバムや記念写真、お見合い写真にDPEと、町の写真を一手に引き受けていた。特に婿養子の豊の仕事は丁寧で、ご近所の評判もうなぎ登り。お見合い写真では、本人より何倍も美人に撮ってくれるし、失敗した素人写真もプリントのテクニッ

三丁目の夕日 夕焼けの詩(26)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(26)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>シゲルが子猫を拾ってくるが母親は飼うことを許さず、シゲルが学校へ行ってる間に捨てに出かける。その途中で占い師に「その猫は幸運を招く」と声をかけられるが本気にせず、捨ててくる。その帰り道、買い物をしているとラジオから今日、夫が面接に行った会社が火事になり、全員が死亡したという

三丁目の夕日 夕焼けの詩(31)【電子書籍】[ 西岸良平 ]
三丁目の夕日 夕焼けの詩(31)【電子書籍】[ 西岸良平 ] 605円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>東京タワーへの学校見学を楽しみにしている一平の姿を見て、鈴木さん夫婦は息子が幼い頃の日々を思い出した。幼かった頃の一平は神経質で食も細く、色々と心配させられることも多かった。加えて、生活もあまり余裕はなかったのだが、それはそれで楽しい日々であったと今では思う。そして、その頃

楽天ウェブサービスセンター
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました