年のせいにしていないかい?

おはようございます、
ともやんです。
還暦まで150日。

この年になってくると、
ちょっとしたミスを年のせいにしたり、
周りも年だからしょうがないと見る傾向があります。

のんびり屋の僕でも、面と向かって
「年ですね。」
と言われればむっとしますが、

実は、自分も言い訳として使うこともあるので、
ミスの理由として使うには都合のいいことでもあります。

もちろん、自分自身年を取ったことを受け入れながらも
まだまだと思っているのも確かですが。

僕の敬愛する京大名誉教授で大脳生理学の権威・大島清氏によると
脳の寿命は180歳まであるそうです。

だからたかだか60才位で、脳が衰えたというのはおこがましいことで、むしろ使い次第ではもっと伸びる可能性を持っています。

そこで大島氏の論理をちょっとまとめてみましょう。

次の4つのキーワードを組み合わせてまとめてみました。

「やりたい」と「やりたくない」

「できる」と「できない」

「やりたい」+「できる」⇒おおいにやるべき
「やりたい」+「できない」⇒むしろ探してチャレンジすべき
「やりたくない」+「できる」⇒できればやらない方が良いが、
生きていくうえでやらなければならない場合は、動機付けをして
「やりたい」+「できる」に近づける。
「やりたくない」+「できない」⇒やるべきではない

わかりやすいですね。
「やりたくない」+「できない」を無理にやると過労死や情緒不安定につながります。

でもここでもう少し突っ込んで考えてみましょう。
「やりたくない」ことは本当に「やりたくない」のでしょうか?
実は、自分には出来ないと思って「やりたくない」と諦めているかもしれません。

特に日本人の傾向として年甲斐もなく、というように自分の年齢を気にして、やる前から諦めているのかもしれません。

例えば、恋愛。
僕は、私はもう60才だから、恋愛なんて恥ずかしくて出来ない、
と思っている人も多いかもしれません。

だから「できない」⇒「やりたくない」となっているかもしれません。

でも異性との交流は、気持ちを若くしてくれます。

もう一度、本当はやりたいんだけど、諦めていることあるかもしれません?
人生は一度です。素直に自分を見直してみます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。