アルバイト歴 11年です

こんにちは、
こめまるです。

僕は、2019年7月31日に37年4ヵ月勤めた会社を退職しました。
正社員として35年6ヵ月、再雇用として1年10ヶ月。

実は、最後の出勤が7月30日で、その夕方定時を過ぎてから仲間たちが送別会をしてくれました。40名ほど来てくれたでしょうか?

とても嬉しかったですが、この中で今後何人と会うのだろうか?と思うと少し寂しい気もしました。

さて、僕は翌日の7月31日から現在も続けている家具&ホームファッションの量販店でアルバイトを始めました。実は、今だから言えますが、もう7月の初めから有給日に研修を受けていました。

スポンサーリンク

高校時代 アルバイトを始める

僕が、初めてアルバイトをしたのが、1974年高校1年の冬でした。
僕の親戚に魚屋がありましたが、そこで蒲鉾作りのアルバイトでした。友人二人と1週間の住み込みで働き、1万円もらいました。

蒲鉾の原料がシイラという魚で、頭を落としてはらわたを出して、ミンチにしていくのです。
冬の寒い中での仕事でしたが、友人二人と一緒だったのであまり辛いことは憶えていません。

次に始めたのが、蕎麦屋の出前でした。
高校の帰りに繁華街にある蕎麦屋の出前をしていました。
出前先には、キャバレーや雀荘、飲み屋が多く高校生の僕には刺激のある場所でもありました。
でもやはりまだ17歳くらいだったので可愛がってもらった記憶しかありません。
ここの蕎麦屋さんにはお世話になって、予備校になってお金が必要になった時も連絡すればすぐやらせてくれました。

僕は大学を3校4学科受けましたが、受験料や上京の費用もそれなりに掛かりますので確か受験に行く直前までバイトしていたと思います。

スポンサーリンク

大学生時代 アルバイトに明け暮れる

大学生時代は、仕送りもなかったのでアルバイトに明け暮れました。
でも、バイトするために上京したのではないし、勉強が目的なので最初は、大学正門前の喫茶店でバイトを始めました。

学生時代は、いろいろやったな。
一番思い出深いのは、プレスライダーをやったことです。半年ほどしか続けませんでしたが、朝から晩までオートバイに乗っていました。

プレスライダーの名残としては、今もバイク便として残っているかもしれません。
当時は、当然、携帯電話もないしファックスもない時代。
僕は、朝日新聞社のプレスライダーとして記者クラブを回ったり、事故現場に行って記者から原稿をもらってデスクに届ける仕事をしていました。

スポンサーリンク

最後に

高校生から予備校生、そして大学生。トータル約7年。

当時は、アルバイトなんてすぐ見つかるし、まじめな方だったので割と重宝されたと思います。
そして37年4ヵ月のサラリーマン生活を経て、再びアルバイト生活です。

現在の量販店でのバイトは4年目に入りました。実は退職後3ヵ月経ったとき、やはり収入が足りないということでバイトの掛け持ちもしていました。ファミレスで半年ほどやりました。ただ新型コロナ禍にもなり僕から辞めてしまいました。

現在のアルバイトは、続けるられるまで続けたいと思っています。
なんせ仕事もそれなりに面白くなってきたので。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました