僕は旅人、ただいま航海の途中

おはようございます、ともやんです。

僕は、北陸の富山県に生まれ、人生の形成期と言える18才まで
その地で育ちました。

そして19才で、大学入学のため上京してから40年、
僕は東京都は新宿区、港区で生活し、結婚してからは川崎市、横浜市と
移り住んでします。

一時期3年半ほど、大阪に単身赴任で住んでいたこともあります。

僕がいつも感じていることは、自分は旅を続けているんだ、

という感覚です。

ふるさと富山という港を船出して、人生の航海を続けながら、
いくつかの港に長きに渡って停泊しながら、

いつの日か、母港に帰りたいという気持ちを持ち続けています。

時々、不思議な感覚に陥ることがあります。
いま横浜という港に停泊してそこで知り合った女性と一緒になり
子供を育て、家族を形成しておきながら、
僕は旅の途中で、母港に帰る準備をしなきゃと考えています。

家族の中で僕だけが、ふるさとが違うのです。

僕が富山に帰省する時も他の家族は、旅行なのです。

だから妻は、僕の実家に着いた瞬間、帰りたいといいます。

結婚までずっと実家暮らしだった妻は、航海に慣れていないのです。

だから僕は、母港でちょっとだけ休んでまた航海に出るのです。

でも、こんな航海も楽しいものです。
僕が本当に母港に戻るのは、お墓に入る時なんでしょうね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。