なぜ舅や姑は婿に優しいのか?

こんばんは、ともやんです。

舅や姑は、なぜ婿に優しいのか?そして、なぜ嫁に厳しいのか?

一般にそういう傾向があるようです。

姑の嫁いじめって聞きますが、婿いじめってあまり聞かないですよね。

ちなみに僕は、妻の実家近くにいますが、
良くしてもらっています。

さて、その謎が、動物行動学者でエッセイストの竹内久美子氏の著書を読んでいてわかりました。

つまりこんなことだそうです。

生き物の行動は、自分のDNAをいかの多く確実に残していくかを目的にプログラムされています。

つまり、親は、子供が息子の場合、自分のDNAを息子を通じていかに多く確実にばらまくか、

娘の場合は、いかの確実に守るか、になるわけです。

だから息子の嫁が、自分のDNAを引き継いだら、息子には次に行ってほしいのです。だから意識しないまでも嫁には、「あんた自分で育てなさい、息子は次の相手に行くから」
とつい厳しく当たってしまうわけです。

一方、娘が自分のDNAを引き継いだなら、その相手の婿にきちんと守らせないといけないわけです。

だから婿に優しくなるわけです。

なるほどね。人間は、まだ理性があるからなんとかなっているけど、
野生動物は壮絶らしいですね。

まあ、人間で良かったということで、、、


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。