定年後の生き方 困ったり迷ったりしたら先輩の話を聞く

こんにちは、こめまるです。

僕は、現在毎週日曜日に合唱団の練習に行っています。

昨年8月から通い出して、もう9ヵ月になりました。
団員数は、100人を超える大所帯で、女性の方は7:3くらいで多いです。

しかも年齢的にはある程度幅があるようです。

しかし、男性となるとほとんど60歳以上で、大体定年退職した人たちばかりです。
中には、80歳を超えた人もいますが、元気に歌っていらっしゃいます。




定年後の生き方 人生の先輩の話は重みがある

合唱団の先輩たちと練習の合間に話したりします。

皆さんの言葉はほぼ一つの方向を向いています。

1、働けるまで働いた方がいい

2、好きなことやりたいことをやった方がいい

3、意外と時間がない

ということです。

定年後の生き方 もっと働きたかった先輩たち

合唱団の70歳以上の人たちは、現在の様に定年退職後に再雇用制度があったわけではありません。

自分で会社に頼み込んだり、転職先を探したりして働き場所を探しました。

それでもせいぜいで65歳くらいで仕事を辞めています。

そして皆さん、もっと働きたかったなあ、と言います。

僕が、あと2ヵ月で会社を辞めるというと「えっ!なんで?」という反応が返ってきます。

合唱団の先輩たちから見ると僕なんか若造なのです。



定年後の生き方 好きなことやりたいことをやる

先輩たちが、職場を辞めることの反応に対して、

僕は、働くことは続けます。でも自分の好きなことやりたいことをやっていきたい、というと皆さん賛同してくれます。

今日は、僕の隣でいつも歌っている75歳の方が、

「人生いつ終わるかわからないから、やりたいことがあれば我慢することはない。僕の弟は、会社勤めが終わったらやりたいことがあったのに、がんで65歳で亡くなった。」

と言ってくれました。

最後に

人生には期限があります。

しかも健康で自分で動き回れるのはもっと時間がありません。

人生は一回限りです。

やりたいことがあるのに、やらないでおしまいになることほど残念なことはありません。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。