定年後の生き方 時は金なり 僕が無駄だと思うこと

定年後の生き方で、

僕が大事だと思うことは、

『時は金なり』

ということです。

そんなの当たり前じゃないか、

と言われそうですが、

定年後は、より一生大事だと考えます。




定年後の生き方 やってもいいけど無駄だと思うこと

定年後の生き方で、大切なのは、

『時は金なり』

をしっかり心に刻んで実践した方がいいです。

なぜなら、簡単で、

残り時間が少なく、やり直しが厳しくなるからです。

そういう意味で、やってもいいけど、

個人的に無駄だと思うのは、資格の取得とスポーツジム通いです。



定年後の生き方 時間の無駄は、資格取得とスポーツジム通い

60歳になって定年になり、

今後も働いていこうと思う人に無駄だと思うことは、

資格取得のための学校通いとスポーツジム通いです。

資格に関しては、自分が既に持っている資格のグレードアップなら良いと思います。

一番、無駄だと思うのは、やることないから資格でも取ろうか、という姿勢です。



定年後の生き方 働くなど活動を続けた方がいい

定年後の生き方は、人それぞれバラエティーに富んでいます。

それまでの学校生活から就職して働きだすという大筋は、

ある程度、みんな流れは一緒ですが、

定年後は、働かなる人も出てきます。

仕事としての活動はしないけど、ボランティアなどの活動を始める人もいます。

働く人も、働き方が、変わります。

再雇用で同じ会社で働く人、思い切って転職や起業する人。

でも、そんな中で、僕は、資格取得のため学校に行くのと、

スポーツジムに行くのだけは、

時間とお金の無駄になるような気がするのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。