定年後 再雇用で働いてみたら 現役時代の後悔した働き方

今日は1月8日の火曜日。

世間は、仕事始めから2日目なのか、
または、ほぼ正月気分も抜けきったのか、
通勤電車は、ほぼ通常の込み具合でした。

僕が通勤で使っている東急東横線は、
以前は、渋谷と横浜の桜木町との往復運行でした。

その時は、ほぼ時間に正確で、遅れるときは、
直接、故障なり事故なりがあった時だけでした。

※東横線・自由が丘駅から風景

しかし、現在は副都心線とつながり、どこか遠くの西武線や東武線での
遅れにも影響され、通勤時は慢性的に数分遅れます。

今日は、世間も通常に戻ったのか10数分も遅れ、
会社に遅刻しそうでした。

以前の渋谷駅が懐かしく思うのでは僕だけでしょうか。



定年後 再雇用で働きだして、もっとも変わったこと

僕は、15ヵ月前の2017年9月末で定年退職しました。

その後、全く同じ部署で、同じ仕事をしています。

そして、もっとも変わったことは、
残業が大幅に減り、休日出勤がゼロになったことです。

再雇用1年目は、まだ多少残業をしましたが、
2年目になってからほぼゼロです。

そして現役時代を振り返り、
なんで以前から、こんな働き方が出来なかったのと
後悔しきりです。

バカバカバカです。

だって、現役35年間で、全く有休も取らなかったのですから。

定年後 後悔したこと、それは有休を取らなかったこと

僕が勤めている会社は、社員が200名程度の中小企業です。

親族経営で、6年前に亡くなった先代の社長が、
関西の小さな時計店を数名の社員でやっている頃から、
東京の港区に自社ビルを建てるほど大きくしました。

※会社近くの東京ミッドタウン

僕が入社した80年代初頭は、先代もまだ50代で、
燃える経営者と君臨し、有休を使うなんて悪と考えられていました。

そんな風土が染みついていたのでしょう。

僕も含め、当時からの社員は、定年になった時に、
結局有休も取らなかったという社員は何人もいます。

いまになって振り返っても考えられないことです。

大手車のメーカーに勤めていた妻からは呆れられたほどです。



定年後 再雇用で働いて、40代、50代の自分へのアドバイス

僕が、もし40代、50代だった自分にアドバイスできるとしたら、

残業、休日出勤はするな!

休みは全て消化しろ!

です。

なぜか、つまり

40代、50代の僕は、残業、休日出勤を厭わないで働きました。

しかし現在の経営層は誰も憶えていないし、

今の評価には関係ないということです。

つまり、あの時あれだけ働い事は貯金として残らないということです。

これは、僕の勤める会社だけの話ではありません。

もしかして、特に多くの中小企業では、目先の働き方だけで
評価されているのかもしれません。

空しいですよね。

でもそれが雇われる人の悲哀なのです。



最後に

40年近く働いてきて

一番良かったことと振り返って考えてみると、

一言、死ななかったこと、

です。

自分が頑張ったというよりも、

ラッキーだったという気持ちが強いです。

だから、おじさんは荒野をめざし、やりたいことをやりたいのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。