定年後だから気を付けよう 年末の飲酒 忘年会もほどほどに

昨年の部署の忘年会で失態を演じてしまいました。

つい飲みすぎてつぶれてしまったのです。

なんとか自力で帰宅できましたが、

自分はもう若くないんだな、を痛感しました。

そのことがショックで、その後2か月ほど、

全くアルコール飲料を口にしなかったほどです。

忘年会で酔いつぶれた時は、当日まで8連勤と、

定年後にも関わらず、仕事が立て込んでいたのです。

しかも、明日はやっと休みという解放感もあったようで、

つい飲みすぎてしまいました。

でも、決定的なのは、加齢により以前よりも飲めなくなったということを

認識していなかったのが一番の失敗でした。




定年後 飲酒の適量を知っておこう

急性アルコール中毒で救急搬送される人が、

最も多くなる12月(東京消防庁調べ)

健康を害さずにお酒を楽しむには?

まずは二日酔いの予防策から。

水と交互に飲む方法がおすすめです。

飲酒量そのものを減らすことが重要なので、

お酒を飲みながら、一緒に水を飲むのがポイントです。

日本人の飲酒の適量は、

1日平均、純アルコール20g~25g程度(女性はこれより少なめがよい)と

されていますが、イメージできるでしょうか?

アルコールの適量が25gだとして、アルコール度数5%のビールの場合は、

25g÷5%=500ccとなります。

ビールで500ccというとロング缶1本なので、

意外と少ないですね。

でも、これは適量ということを押さえておきましょう。

特に定年後、年配者になればなおさらですね。



定年後 お酒はほどほどに、飲酒とJカーブを知る

お酒を全く飲まない人よりも、ほどほどたしなむ人の方が、
長生きだという話を聞いたことがあります。

酒は百薬の長ということわざもあります。

飲酒量と健康リスクの関連を示すグラフがJの字を描くことから、

「Jカーブ効果」とも呼ばれています。

厚生労働省の健康サイト「飲酒とJカーブ」で詳細を確認できます。
↓ ↓ ↓
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-001.html

お酒好きには朗報ですが、見落としやすい注意点が3つあります。

一つは、油断して飲みすぎれば、死亡、虚血性心疾患、脳梗塞、

2型糖尿病等のリスクが一気に高まること。

二つめは、この傾向が見られるのは中年男女で、

定年後の60歳以上は当てはまらないこと。

3つめは、休肝日を設けた方がよいこと。

の3つです。



定年後 飲みすぎが心配なら水を相棒に

とはいえ、お酒が苦手な人は無理に飲む必要はありません。
近年、少量の飲酒でもリスクが高まる疾患も具体的に挙げられています。

全く飲まない方が健康に良い、とする報告も見られようになりました。

つい量が多くなってしまうのが年末の飲酒です。
忘年会が続くという人もいるでしょうが、
飲みすぎが心配な人は、水を相棒に楽しむが良いと思います。

最後に

僕は、50代の後半まで、毎日お酒を飲んでいました。

と言っても、深酒ではなく、毎日ビール一缶程度でした。

でも60歳を過ぎて方は一気に飲酒の量は減りました。

理由は二つあります。

一つは、ブログを書くようになって、飲酒をしながら書けないからです。

二つ目は、やはり年齢のせいでしょうか?

あまり飲みたいとは思わなくなりました。

でも、お酒は好きなので、ほどほどに楽しんでいきたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。