子供は聴いている

おはようございます、ともやんです。
還暦まで67日。

子供は親の話を聴いているので、
家庭での会話は大事です。

表でどんな素晴らしいことを言っていても、
家の中で、他人を非難するようなことを言ったり、

差別するような発言をすれば、子供は必ず聴いていて、
その記憶に刷り込まれます。

だから夫婦喧嘩もだめだよ。

映画評論家の町山智浩氏が、アメリカの大統領選の時語っていました。

アメリカには、選挙の結果予想の中に、子供選挙というものがあるそうです。任意の子供たちに、どの候補が当選すると思う?とヒアリング調査するそうです。

そうするとほとんど当たるそうです。

なぜか?

子供たちは、家の中で両親の会話を聴いているからです。

ところが前回は外れたのです。

子供選挙の結果は、クリントン氏でした。
でも結果は、トランプ氏。

なんで外れたか?

いや外れていないのです。

なぜなら、投票数自体は、クリントン氏が上回っていたからなんです。
トランプ氏は、アメリカ独自の選挙人制度による勝利だったわけです。

また、社会的に地位の高い人や、教育者の子供が非行に走る、犯罪を犯す、という例がたまにあります。

これは僕の全くの個人的な考えなのですが、その方たちは家でネガティブな発言をしていたり、教育者らしくない発言をすることで、子供たちは、その矛盾に苛まれた結果ではないかと思います。

例えば、表では、差別はいけないと言っている教育者が、
家で、差別的な発言をしているとか。

家ではつい本音を口にしてしまうものです。

僕は両親に感謝いしている中で、お互いの悪口を子供たちの前ではしなかったことがあります。

両親は、口喧嘩はよくしていましたが、
どちらかいない時に、相手の悪口をいうことはありませんでした。

それにはとても感謝しています。

もし両親がそんな人間だったら、僕もそうなっていたかもしれないからです。

人の成長は家庭からなんですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。