定年後 シニア破綻は他人ごとではない 長生きすることのリスク

現役時代は、住宅ローンを抱え、子供たちの教育費を払い

苦しい家計をやりくりしていました。それは家庭を持つ誰もが経験すること。

そして定年を迎え、住宅ローンは完済、子供たちも社会人となり、

やれ一安心と楽観している人もいるかもしれません。

40年間働いて多少の蓄えもあるし、退職金も出た、

無駄使いしなければ老後はなんとかなると考えるのは当然です。

しかし、シニアライフには一歩間違うと破綻する可能性もあります。

今日はそれを考えたいと思います。




定年後 シニア破綻は他人ごとではない イベント破綻

お金を貯めている人の日々の動向には共通点があります。

大きく3つのポイントが見えてきます。

イベント費とは、旅行、車の買い替え、家のリフォーム、

家電製品の買い替えなど、数十万円から100万円単位の出費のことです。

油断しているとあっという間に大金が出て行ってしまいます。

これは20年~30年の予定を「見える化」することで

事前に対策を考えておくことが大切です。

定年後 シニア破綻は他人ごとではない 浪費破綻

収入が下がり毎月の生活費を下回ることにあります。

貯蓄を切り崩して、赤字を補填しているうちに貯蓄が無くなってしまうケースです。

これを避けるためには支出を収入に見合うように抑えることです。

これは家計簿をつけることで対策をします。

家計簿も細かく書かなくても、カレンダーに使った金額を

入れていくと簡単で分かりやすいです。



定年後 シニア破綻は他人ごとではない 病気介護破綻

医療費や介護費がかさんで破綻することです。

回避するには、まずは健康を意識して病気リスクを下げることです。

次に公的な医療や介護の制度を良く調べることです。

日本は皆保険制度をとっているので、健康保険に加入していれば、

「高額療養制度」により、どんなに医療費がかかっても、

上限が決まっており、自己負担額が大きくなりすぎることはありません。



最後に

この10年間でシニア世帯の家計を見ると、年金をメインとする収入は、

10年間で約14,000円が減りました。しかし、税金や社会保険料の負担額はほぼ同じ。

2006年の時点でもシニア家計は支出が収入を上回り、月に約37,000円の赤字でしたが、

10年後の2016年は収入が約14,000円減ったので、毎月の赤字が約51,000円に増えました。

つまり年間で61万円、65歳でリタイアして、

85歳まで生活するとして約1,200万円のなってしまいます。

どうしますかね。これへの対策はやはり働くことですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。