定年後 誤解だらけの老後のお金の話 何は嘘で、何が本当?

こんばんは、こめまるです。

定年後の不安というと、まず次の3つです。

ほぼ多くの定年後をテーマにした本でもそう伝えていますし、
実際、昨年定年になった僕もそう思うからです。

・健康
・お金
・孤独

よく頭文字をとって3Kなんて表記している雑誌などもあります。

この3つよく考えると、定年後ではなくて、年齢に関係なく、
不安と言えば不安です。

でも、学校、職場にいるときは、それほど感じなくても
定年というのは、集合体、つまり群れから離れていくことなので、

よりこの3つが顕著になるし、なんといっても年を取ることで、
精神的にも体力的に弱くなるので、余計、心配になるのでしょう。

さて、約1万人にビジネスマンを対象に行った調査によると、
定年後の不安として最も多くの人が挙げた不安とは、「生活費の不足」だそうです。

いや、身につまされますね。

そこで、今日は定年後のお金について、さらっと考えたいと思います。

参考文献:「定年後のおカネ大全」週刊東洋経済 2018.7.7号より




定年後 収入は激減するのは普通

60歳で定年を迎えると収入は激減します。
というよりも、増える人はまずいないでしょう。

中には、定年時に十分な貯金と退職金を受け取って、
働かなくてもいい人はいると思います。

でもそんな人は、1割もいないでしょう。

多くの人は、好むと好まざるを得ないで、
働かざると得ません。

定年後の4つの選択を見ると、
次のような感じでしょうか?

定年再雇用では、
普通で、定年前の半減。良くて定年後の7割くらい。

出向、転籍も会社の都合なので、
ほぼ同様で、よほど経営手腕などが評価され、子会社の社長や役員に迎えられない限り、再雇用と同等と考えるべきでしょう。

転職は、それをする理由として、再雇用よりマシという条件でしょうから、
上がることはまずないですね・

そして、最後の起業は、定年前から行っていればまだしも、
定年後に始めるなら、軌道に乗るまでは忍耐が必要です。



定年後 お金に関する誤解

ちまたには、老後のお金に関する情報は溢れていますが、その多くは、
一面的だったり、正しい理解がされていなどです。

その1「定年後までに必要な金融資産」は退職金を含めて3,500万円も
個人差が大きく、特に住宅ローンや子供の教育費を考えると70代後半で枯渇するシミュレーションもあります(週刊東洋経済より)

その2、「年金制度がなくなる」
社会の崩壊につながるので、もっとも最後になる。
しかもその時は、日本自体もどうなっているかわからないくらい。
受け取る金額は少なくなるが、制度がなくなることはない。

その3、「年金受給の繰り下げがお得」
年金の受給開始時期を65歳より遅らせることで年間受給額を割り増す方法ですが、差し引かれる税金も増え、加給年金の開始年齢も後ろ倒しになるデメリットもあります。

なんといっても自分の寿命だけは、自分で決められない。

その4、「定年後、最も大きな支出は医療費」
医療費は、高額療養費制度などの公的制度が充実しているので、
これをうまく活用すれば、不安に思う必要はないようです。

むしろ介護の方が、公的保険の適用外となる支出も多くなります。

定年後 老後貧乏を回避する方法

週刊東京経済には

“老後貧乏を回避するための第一歩は、資産運用や公的保険制度に対する正しい知識を持ち、早い段階から準備をしておくことである。50歳代はもちろん、40歳代のうちから始めてもいい。”

だから、嫌なんだよね。

40歳から老後のことを考えている人なんていないし、
というよりも考えう余裕はないでしょう。

でも、定年をリアルに経験した僕としては、
おカネは単に銀行に預けないで、リスクの少ない資産運用に回した方が良いと思います。ちなみに僕は、つみたてNISAを始めました。

日本が一番困っていることは、財政赤字を抱えていることから、インフレに動くので、金利に低い銀行預金では、実質、貯金額は目減りすると考えた方が良いからです。

そして、最後に65歳を過ぎても働き続けることですね。

そうすれば、収入もあるし、働くことで健康維持も出来、
孤独でもなくなると思います。

まとめ

誰でも定年は初めてのこと。
そして、いままでは群れに集まり、その中で情報交換をして、競い合い、助け合いながら生きてきたのに、定年なると群れから離れうようになるわけです。

つまり個人差も大きくなり、
モデルケースが多様化して、
参考にするケースよりも独自で歩むケースが多くなると思うのです。

だから、お金のことは、直視して考えて行きたいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。