定年後だから ご近所とのおつきあい 急にやっても難しい

こんにちは、

こめまるです。

住んでいるアパートの庭の草が

伸び放題なので

刈ることにしました。

鎌がないので、

向かいの農家の老夫婦に

借りに行きました。

妻によるとお二人とも

80歳を過ぎておられるそうですが、

毎日、元気にお仕事をされています。

ただ、一緒に遊んでいた友人たちが

いなくなって寂しいね、

ともおっしゃっているそうです。

ちょうど僕や妻の両親くらいの世代で、

しかもご夫婦のお子さんたちと

僕らが同世代ということで

お互い親近感がるのでしょうか?

そんなこともありご近所付き合いを

させていただいています。




お礼にはお礼でありがたいです

午後、草刈が終わって、

気持ちの手土産を持って,

鎌を返しに行くと、

逆にトマトとなすびを

どっさり持たされました。

そういえば、

今年がトマトはお向かいからの

もらい物ばかりで買ったりは

していないですね。

ご近所付き合いは小さな悩みから

その後、草を刈ったアパートの周りを見ていると、

1件おいた隣の老婦人が、ごみの捨て方について、

いろいろ相談に来られたので、

意見交換、というよりも一方的に

ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、

言って帰って行かれました。

まとめ

定年になって、家にいることが増えると、
地域のコミュニティとのおつきあいが大事などと、
定年後関係の本や雑誌に書いてありますが、

なんとなくその大事さが分かった日でした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。