運転免許返納と自動運転

こんにちは、
こめまるです。

先日、生まれて初めて白バイに検挙されました。
減点2点と9,000円の罰金を課せられました。

大学生時代、毎日オートバイを乗り回していたのに、大阪に単身赴任していた時は、毎日クルマで移動していたのに、自宅を中心に周囲5キロ程度しか運転しないのに、まさか、と思いましたが、白バイに止められてしまったのです。

スポンサーリンク

人生初の交通違反で検挙

僕が検挙された状況を説明します。

信号のない交差点で道路は、対向2車線。
それぞれ横断歩道があります。

僕は、右折しようと交差点に差し掛かりましたが、歩行者2名が横断歩道を渡っているので、当然停車して歩行者が渡るの待ちました。対応車もなく、左右からのクルマのなかったので、右折しました。

しかし、ここが問題でした。
僕の目の前で横断歩道を渡った二人連れは、今度は僕が右折しようとする側の横断歩道を渡ろうとしていたのです。
僕は、一瞬しまったと思いました。
もう加速して右折半ばでした、視界の右端に二人が横断歩道を渡ろうとする姿を確認していました。

ただ、渡り始めたばかりなので、大丈夫かとも瞬間思いました。

しかし、運悪く白バイが待機していました。
結局、止められて、説明を受け、というよりも僕が説明して、減点2点と9000円の罰金です。
白バイ隊員は、若い女性でした。
僕の娘くらいの年齢でしょうか?

これって、運転免許を返納しろというきっかけかと思いました。

スポンサーリンク

運転返納より自動運転の時代

この話をおじさんLCCのメンバーとzoomで話したら、誰でも免許の返納を考えている人はいませんでした。

むしろ数年後には、クルマの自動運転の時代が来るから、免許をこのタイミングで返さなくてもいいのではないか、という意見が圧倒しました。

自動運転のクルマが増えて、過半数から絶対多数になる過程で、事故は激減すると思っています。

その内、運転を楽しみたいという人たちは、公道を走ることが出来なくなるので、サーキットを走ろう時代になると思います。

そっか、どっちみち家の周囲5キロ圏内しか走らないのでもう少し乗るかと思いました。



運転免許返納と自動運転

オートバイに乗る人【電子書籍】[ 片岡義男 ]
オートバイに乗る人【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>人事は荒れても、秋はきょう、この日から始まる</strong></p> <p>ひどい仕打ちであることは間違いないにしても、それをこんなふうにやってのけることにはやはり小説としての爽快感があると言うべきだろうか。<br /> どちらからともなく仕掛け、あいまい

彼のオートバイ、彼女の島【電子書籍】[ 片岡義男 ]
彼のオートバイ、彼女の島【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>夏と、島と、オートバイ。<br /> 退屈を知らない日々のためには、<br /> まずその3つが必要だ。</p> <p>一度目は高原の道で。二度目は共同浴場で。<br /> 偶然の出会いが2度あった「彼女」は、<br /> もう無関係な他人ではない。<br /> 仕事や悩み

彼のオートバイ、彼女の島2【電子書籍】[ 片岡義男 ]
彼のオートバイ、彼女の島2【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>映画を書く、という仕方で行なわれる作品解説もまた、1個の独立した作品である</strong></p> <p>『彼のオートバイ、彼女の島』の続編ではない。<br /> 先行するその小説が映画化されるとしたらどうなるか、ということをテキストでやってみる、しかも同

オートバイが走ってきた【電子書籍】[ 片岡義男 ]
オートバイが走ってきた【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>ステーション・ワゴンではダメなのだ、やはりオートバイでなければ</strong></p> <p>まるで別々の2つの作品を接合したかのように<br /> およそ途中までの展開からは想像もできないようなラストがやってくる。<br /> 女と男と女。3人のあいだに

海をもらった人【電子書籍】[ 片岡義男 ]
海をもらった人【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>海をめぐる二つの小説</strong></p> <p>ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取

馬鹿が惚れちゃう【電子書籍】[ 片岡義男 ]
馬鹿が惚れちゃう【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>商売だから、というばかりじゃなくて、<br /> 旅の中でふと、裸になる時間の物語</p> <p>秋の気配が漂い始めた道を、1台のキャデラックが北上していく。<br /> 飛行機を使うことなく、まだ青函連絡船が生きていた時代。室蘭まで。<br /> キャデラックでストリッパ

本当の自分を見たくて【電子書籍】[ 片岡義男 ]
本当の自分を見たくて【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>「自分自身が、自分自身を見ている」</strong></p> <p>カメラというものは、機械だから、<br /> 何の感情も偏見もなく、目の前の対象をありのままに映し出す。<br /> そうした性能に対する信頼から、男と女は<br /> 自分たちの性の時間を

銀座化粧【電子書籍】[ 片岡義男 ]
銀座化粧【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>二人の女性の持つ膨大な情報量がそのまま物語になる</strong></p> <p>銀座のガス燈通りにあるグリルで待ち合わせた二人の女性は、「鴛鴦(おしどり)道中」や「裏町人生」といった、演歌以前の昭和歌謡をレパートリーとするデュエット。これからホステスの仕事

南へむかう貨物列車【電子書籍】[ 片岡義男 ]
南へむかう貨物列車【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p><strong>ホーボがもたらした、ハーモニカによる言葉</strong></p> <p>広大なアメリカ大陸の歴史を語るには、鉄道の存在を欠かすことはできない。人々はそれに乗って移動し、鉄道はまた多くの人の職場でもあった。そして、ホーボと呼ばれる無賃乗車の放浪者がいる。積荷

アリゾナ・ハイウェイ【電子書籍】[ 片岡義男 ]
アリゾナ・ハイウェイ【電子書籍】[ 片岡義男 ] 275円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>移動する時間の長さが違えば、<br /> 別れと、別れの後の出発の仕方も違うはずだ。</p> <p>ある者はロディオ・ライダー。かつて栄光に輝いた彼も<br /> 今年は惨敗、負傷し、おまけに妻は1人になりたがっている。<br /> そのロディオ・ライダーを空港まで大きなオ

楽天ウェブサービスセンター
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました