東京オリンピック 1964年から2020年へ 2度楽しめる人生とは?

前回の東京オリンピックが開催されたのは、

1964年(昭和39年)のこと。

今から54年前のことです。

当時僕は、小学1年生の7才でした。

家には、白黒テレビがあって、

記憶がはっきりしないけど、

僕が小学校にあがる前年にはあった記憶があります。

今日は、僕の前回の東京オリンピックの思い出と

次のオリンピックに感じることを記します。




東京オリンピック 1964 思い出は鮮明に

僕は、前回の東京オリンピックを

鮮明に憶えている最も若い世代です。

小学1年生の僕は、運動は苦手でしたが、

見るのは大好きでした。

マラソンの円谷選手が、国立競技場にアベベに次いで

第2位で戻ってきながら、競技場のトラック内で

イギリスのヒートリーに追い抜かれるシーンをいまでも鮮明に憶えています。

重量挙げの三宅選手の金メダル、

東洋の魔女と言われた女子バレーボール

それから体操競技もよく憶えていますね。

モノクロ画像ながら、僕の記憶の中ではいつも鮮明です。

東京オリンピック 1964 平和は続かない

東京オリンピックで印象的だったのは、閉会式でした。

国や民族が入り乱れて行進というよりも歓び分かち合うさまは、

僕はずっとこれがスタンダードだと思ていたのに、

そうではなかったのです。

お互いにスポーツ競技の舞台で、

お互いの力と技術を競い合い、競技を離れれば、

友として付き合う事こそ、スポーツの世界と思うのに、

そこに付け込んで権力者の中に、

政治利用とする輩は何にもいました。

東京オリンピックで観た、光景は幻だったんでしょうね。。。



東京オリンピック 2020 なんで真夏にやるのか?

僕もそうですが、多くの日本人ならず、人たちは不思議でしょうね。

なんで、東京の猛暑、酷暑の時期に合わせて開催しなければいけないのか?

IOCの大スポンサーがこの時期を希望しているから、

という説もありますが、僕はよく分かりません。

つまりなんだかんだと言ってもお金なんですよ。



まとめ

1回目の東京オリンピックが、1964年で僕が小学1年生だったのは、

全く偶然ですが、2回楽しめる世代の中で、もっとも若いという、

最近あまり言われない言葉がつかえて、嬉しいですね。

でも、オリンピックってこのままでいいんだろうか?

お金の使いすぎだし、どうして国立競技場壊しちゃったの?

誰が決めたんだろうね。

シンプルに、力と技を競い合う鍛えられたアスリートの姿を見たいものです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。