定年後 いつまで続くその言葉の支配力、その後にくる言葉

こんばんは!

団塊の世代が、

大量に定年を迎える

2005年頃より、

定年本が多く出版されました。

そして現在もそれなりに出版されています。

僕は、団塊の世代の人達とは

10歳前後違うので、

当時、そんなに本が出ていたとは知りませんでした。

逆に、自分が定年を迎えることから

定年本が増えたように感じるようになったのは、

自分の問題ととらえるようになったからでしょう。

さて、ところで

定年後というのは、

いつまで使う言葉でしょうか?

なんか、60才以上に対して

いくつでも使っている様に感じます。

ここで定年後を定義しておきましょう。




定年後と言われる期間

定年後と呼んでいいのは、

定年になってから

せいぜい5年でしょう。

だから具体的な年齢としては70才ですね。

では、それ以降ななんていうのか?

老後?

まあ難しいこと言わなきゃ

老後でいいか。

つまり定年のある会社に勤める

サラリーマンについて

定年後という言葉を使えるのは、

せいぜい70才まで。

それ以降は老後。

それでいいんじゃない。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。