終わった人の映画がやってくる 定年を迎えた男の奮闘記

こんばんは!

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?
昨日で前半戦は終わりました。

今日から5月。

1日、2日の今日明日は、出勤の方も多いのではないか?と思います。

さて、以前にこのブログでも取り上げました、

内館牧子作「終わった人」が映画化され、

6月9日(土)から全国の映画館で上映されます。

僕は、この小説の設定にかなり不満だったのですが、映画はどうかな?




終わった人の映画 小説の不満は映像ではどうか?

この小説の主人公、田代壮介は63才、東京大学を出て、大手銀行に就職。

銀行の出世争いに敗れ、関連会社に出向。

出向先では専務で年収1300万円。

そして65才まで会社に残れるが、63才で定年の道を選びました。

そして「毎日やることがない!」と途方に暮れる。

まあ、なんと贅沢な身分でしょう。

内館氏は、なんでこんなエリートを主人公に持ってきたのだろうか?

それとも圧倒的に多い、中小企業サラリーマンの反感を買って、

逆に評判になるような演出を考えたのだろうか?

それとも内館氏の周りにはこんな人しかいなのだろうか?

という疑問を持っていたら、さすが内館氏は、

もう2年も前にその理由を説明しています。

少し抜粋してみます。

本著の中に「身の丈に合った暮らし」という言葉が出てくる。

「身の丈」は人それぞれであり、「もっと仕事をしたい」ということが身の丈に合っている人はいるのだ。

そんな男を主人公にして、「定年小説」を書こうと思ったのが、本著の発端である。

人生は帳尻が合うもの「終わった人」というタイトルは、すでに決めていた。

主人公はエリートがいい。

雇用延長もできたが、その多くの場合、これまでのキャリアを踏みにじるような、

バカにした仕事を与えられる。

とてもプライドが許さず、応じなかった。

結果、「毎日が大型連休」になった男の悲哀は、エリートの方が明確に出ると思ったのだ。

もっと詳しい内容を知りたい方は、
コチラから>>>http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49790

終わった人の映画 配役は小説通りか?

主人公の田代壮介役が舘ひろし、

妻・千草役が黒木瞳。

舘ひろしさんも今年で68才。

主人公の年齢よりやや上だけど、まあいいか。

でもカッコよすぎるんじゃないかな。。。

黒木瞳さん、58才、

小説上でもまだまだイケている奥さんと表現されているので、

配役としてはぴったりと思います。

多分、主人公が思いを寄せるカルチャースクールの受付嬢・浜田久里役は、

広末涼子かな。こちらもぴったりかな。

まあ、ひやかし半分で観にってみよう。



終わった人の映画 これからは終われない人

終わった人の時代は、終わったと思います。

作者の内館さんも主人公の田代壮介も言うなれば、団塊の世代。

今後は、定年延長、または定年廃止が加速度的に進むでしょう。

だから主人公田代壮介氏は、定年後「何をやっていいかわからない」と

嘆いていましたが、

これからの人は、なにを贅沢言っているんだ!やることないなら、働け!

と怒りを持って言う時代がすぐそこに来ています。

僕もそうですが、これから60才を迎えようとする人は

「こっちはやることをやらなければならない」
「働かなければならない」
「自分の事は自分でやる」
「働けなくなったら、そこでおしまい」

という時代はもう来ています。

この映画に共感するの世代は、まず団塊の世代以上だと思います。

その後の世代は、特に1960年代以降の生まれの人は、
怒るかもしれません。

まとめ

「終わった人」の時代は終わり、

「終われない人」の時代がやってきます。

いやもう来ているのかもしれません。

僕は、もう「終われない人」になっています。

いろんな意味で、僕はこの映画を観てみます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。