ハロウィンの簡単な仮面の仮装で、原宿と渋谷で楽しんでみました

ハロウィンナイトは原宿から渋谷へ

こんにちは、ともやんです。

昨日の10月31日、会社の仕事が終わってから、
神宮前にあるTRUNK HOTELに立ち寄りました。

ここは、ブライダル業界のテイク&ギブニーズが運営する施設で
今年5月にオープンしたばかり。

僕は、仕事帰りにちょうど通り道なので、
良く立ち寄ってノマドワーカー気取りでPCなんかいじっています。

さて、ハロウィンの夜にも寄ってみました。



TRUNK HOTELは僕の隠れ家

TRUNK HOTEL https://trunk-hotel.com/ のラウンジに行くと、ノマドワーカー向けのコンセント付きの大きなテーブルが2つあって
僕はいつもそこに席を取ります。

飲み物は、バーで注文すると高いので、
ホテルの庭に面しているショップでコーヒーをいつも注文します。

200円なので、スタバよりも安いし、なんといってもwifiが通じやすいのば嬉しいです。

オープン前から仕事で付き合いがあったことと、
僕がいる業界と違う人種が集う場所で、居心地がいいのが何よりです。

居心地が良いというと、落ち着いた音楽が流れていると思われがちですが、照明は暗めで、音楽も音が大きいのですが、それがかえって、
仕事に集中できるというちょっと逆説的な場所でもあるのです。




ハロウィンだから仮面を付けて

僕が席に着いたのが、午後7時ころ。

売店でTRUNK HOTELのロゴ入りのミネラルウォーターを買って、お店の女性と会話をしていたら、

今晩は、これからハロウィンパーティをするから仮面付けてくださいよ、
というので、エントランス付近にまとめて置いていある目の部分中心に
顔の半分くらい隠れる仮面を付けることにしました。

これを付けてPC作業をしているとなんかいつも自分と違う気分になってきてなんか楽しい気持ちになりますね。

そのうち、8時を過ぎると、ラウンジにはざっと70~80人ほとの男女が僕と同じ黒い仮面を付けて、寛いでいました。

これからパーティなのかな、僕は8時半頃にはPCのバッテリーも残り少なくなってきたので作業をやめてTRUNK HOTELを後にしました。

TRUNK HOTELから渋谷駅まで徒歩で10分くらい、
駅に近づくほど仮装している人が増えました。

特にブルゾンちえみの衣装が目につきました。

渋谷のスクランブル交差点

僕は、渋谷のスクランブル交差点の近くまで行きましたが、
交差点に入らず、そのまま東急線に乗るため、手前で地下に入りました。

僕は、人混みが嫌いではありません。
むしろ好きかもしれません。

なんか、仕事がうまく行かない売上が思わしくないという時は、
よく渋谷に行って、人の多さを見ていると、不思議と元気が出てきます。

そう言えば、TBSアナウンサーの安住氏が、女性に振られたときに、
新宿伊勢丹の食品売り場に行くといいよっていってました。

なぜかって?

こんなに女性がいるのか、と元気が出るからだそうです。

僕の心理もそれと似ているのかもしれません。

警察の方は、ご苦労様ですが、僕はハロウィンに集まった人たちから
元気をもらい帰宅しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。