ラムちゃんはもてない男の星

おはようございます、
ともやんです。

漫画家・高橋留美子は、僕と同世代というより同い年。

彼女の作品で
「うる星やつら」
「めぞん一刻」は、
僕の愛読書です。

なんと言っても主人公のラムちゃんと音無響子さんの
キャラクターが人気の大きな要素でしょう。

特にラムちゃんは連載開始から40年近く経ついまでも、
人気が続いています。

ラムちゃんの人気の秘密はなんと言っても、
チャーミングでセクシーな容姿に加え、
その天真爛漫で裏表のない性格、
そしてなんと言っても、どうしょうもない浮気男のあたるを
一途に愛するその姿でしょう。

ラムちゃんに惹かれない男性はいないでしょうね。
もっというなら男性が求める女性の理想と言ってもいいかもしれません。

その辺は高橋留美子が意識して書いたどうかはわかりませんが、
男性ではなく同性が描いたことは意義があると思います。

僕の中では、同時代の1970年代後半にブレイクしたグラビア・アイドルのアグネス・ラムとリンクして、二人はもてない時代のアイドルでした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。