妻が早く仕事に行きたがる理由とは?

こんばんは、ともやんです。

最近は、内館牧子著「終わった人」から、ネタをいくつか使っていますが、

さて、小説内で他人ごとだと思っていたことが、

実は自分にも当てはまることがあるんじゃないか?と

鈍感な僕が気付いたことがあります。

それは、小説内で、主人公の田代壮介氏が、定年退職して、家にいるようになると

美容室で働いている奥さんが、何かと理由を付けて、早く仕事に行くようになったことです。

壮介さんも最初は、特に感じていなかったようですが、

そのうち、これは自分が疎まれているのか

と気づくわけです。



人のふり見て我がふり直せ

僕は小説を読んでいて、壮介さんも鈍感だなあ、なんて

嘲笑って、憐れんでいたら、

ふと自分の身に置いてみると、

おっと、僕ももしかして壮介さんと同じ境遇になっているんでは?

とハタと思ってしまったんですよ。

というのは、平日は僕は出勤しているので、妻よりも早く家を出ていますが、

土日は妻が近所の大型家具店で働いているのですが、

これが遅番にも関わらず、意外と早く出て行くんですね。

働き始めの頃は、午後3時とか4時とかに出ていたのが、
いまは、僕の昼飯を作ってさっさと出て行くんですね。

僕が、「早いね」
というと
「そうなの、忙しくして」
って返してくる。

でもパートの身で忙しいからと早く出勤するのかな?

そこでようやく鈍感な僕は気づくわけです。

これって僕と一緒に家にいるのが嫌なんではないか!

妻とはそれなりに会話もあるので、
我が家は、冷え切った夫婦関係とは無関係と勝手に思っていたのは、
単に僕がめでたいだけで、

実は、妻はそうではないのではないか?

と最近疑心暗鬼に陥ってきました。

でも、これをあえて妻に問い詰める訳にはいかないし、
単に取り越し苦労という可能性もあるし、

悶々してしまうなぁ。。。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。