定年を前にしての大いなる悩みと迷い

おはようございます、ともやんです。
還暦まで15日、
定年まで45日

5年ほど前から定年後は、こうしよう、ああしようと考えて実際の準備もしていたのですが、うまく行かないものです。

定年まで1年を切った時点で再雇用を希望することを上司に伝えました。

しかし、その後も逡巡が続いているのは確かです。

でも一生でこんな機会を経験するのも1回だけということもあるので、
現在は大いに悩んで迷ってやろうと思っています。

僕は勤める会社は従業員200名弱の中小企業ですし、オーナー社長でもあり、その社長もどちかというと決断に時間を要する方なので現時点で僕はまで再雇用後の条件を提示されていません。

僕も催促しているし、人事の責任者からももう少し待ってください、と言われていますが、

まあ、そんな会社だから、定年直前にはなんらかの提示があるだろうと
半分諦めの気持ちで待っています。

つまりとりあえずはどんな条件でも受けるつもりでいる訳で、
僕の知りたいのはひとつ収入のことだけです。

下がるのは当然としてどの程度なのかですね。

それに応じて業務の量をコントロールして、次のステップを狙おうという考えです。

次のステップというのは、現在の会社を退職するということで、
僕の中には収入のベースをひとつ持って、あとは前からやりたかった自営の仕事をするということです。

あと元気に生きても10年。
荒野をめざして前のめりにあの世に行きたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。