死の間際で思い出すこと

こんばんは、ともやんです。

還暦まで、あと33日。

今日から8月なんだね。

慌ただしく一日が過ぎました。

このブログへの投稿もようやく

帰りの電車の中です。

さて、いま読んでいる本に興味深いことが

書いてありました。

京大のある教授の研究によると、

功なり名を遂げた人でも、大人になってからの成功の事よりも、子供の頃の楽しかったことを思い出すそうです。

ましてや会社でもっと売上ができればよかったとか、もっと出世すれば良かったなんてことを口にする人は皆無だそうです。

これの記事を読んで、僕は子供たちを

もっと抱きしめて、褒めてやれば良かったと

懺悔の気持ちになりました。

人生を豊かに過ごすには、子供時代の楽しかった記憶が不可欠なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。