10年連続三ツ星シェフのお店の前に佇む

日記

こんばんは、ともやんです。
還暦まで65日。

 

ひょんなことから、今日7月1日(土)午前8時前に、

銀座4丁目の古いビルの地階にあるお鮨屋さんの前に立っていました。

 

 

そのお店の名前は、「すきやばし次郎」

 

10席しかない小さなお店なのに、店主の小野二郎さんに
お会いしたいと世界中から訪れる人があとをたたないそうです。

 

何と言っても小野二郎さんは、日本で4人しかない、

10年間で30個のミシュランの星を持つ料理人の一人なのです。

 

僕が勤める会社の超VIP顧客が、前からこのお店に行きたいから、
なんとか予約を取ってほしい、と弊社の担当営業から要望が出されていて、僕と上司はいろんな方面からトライしているのですが、全く予約が取れません。

 

そんな折、銀座に長く居る人からこんな情報が入ってきました。

毎月1日の午前8時に直接お店に行くと2ヶ月先の予約が取れる、というもの。

 

土曜日で休みですが、これは行くしかないでしょう。

 

もしかして行列が出来てるのでは、と少し早めに到着しました。

 

なるほど50年前からこのお店でやっているとのことで、
古いビルの地階で、お世辞にもりっぱな立地とは言えません。
へえ、ここにオバマ前大統領が来たんだ、、、とちょっと驚きました。
取り巻きで大変だったろうな。

スポンサーリンク

 

ちょうど開店の準備をされていた年配の女性に声を掛け、

訪れた理由を告げました。

 

そうすると30代前半の板前さんらしき男性が出てきて

丁寧に対応してくれました。

 

彼によると、今は来店でも電話でも予約を受けていないとのこと。
つまり常連のお客様だけで営業している。

 

現時点では、予約の受付再開は、いつからかわからないが、
再開の場合は、HPで告知します、とのでした。

 

とても申し訳なさそうに対応されて、僕は非常に好感を持ちましたが、

つまり常連さんと仲良くするしかないのかなってことか。

 

小野二郎さんの語録に、

 

もっと美味しく食べさせる方法があるんじゃないかって、
そればかり考えています。

 

この飽くなき探求心に接すると長く一つのことに打ち込むことの
尊さに感動します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました