60歳でアルバイト探し 意外と難しいかも 生活するなら掛け持ち?

こんばんは、
ともやんです。

一ヵ月前に会社をやめようか、どうか真剣に悩んだことがありました。

理由は、現在、週5日、8時間勤務、つまりフルタイムで働いていますが、
思うところがあり、週3日、または4日に次に契約から、変えられないか?
という気持ちで相談したのでした。

ところが、会社からは、週4日でも給料は今の半分になる、と脅され、暗に週5日働けという圧力があり、結局、僕も独立するには、まだ時期尚早の感があったので、結局一晩中悩んで、9月からの次の契約も更新することにしました。

あと、もう一つ理由があるんだよね。




定年後 働きたくても働けない

妻が、家具の量販店で働いているので、
そこなら、定年退職者も積極的に取っているし、定年もないから働きたいだけ働けるよ、とアドバイスしてくれたので、まずのそこの求人サイトを見てみました。

店舗もたくさんあるので、一番近いところから探ってみたのですが、
なかなか厳しい現実がわかりました。

それは、週3日、20時間程度しか働けないのです。

これじゃ、ひと月働いて10万円もいかない。

僕としては、月30万円は稼がないといけないのです。

そうなると、バイトの掛け持ち?

そんな若いフリーターみたいなことはできません。

身体を壊すのは、一番いけないことです。



シニアはつらいよ、人手不足なのに

世の中、人手不足というから、シニアにもその恩恵があるのかと思ったら、意外と厳しい現実を実感しました。

いくら人生経験がある、相手の気持ちがわかる、時間を守る、休まないといっても採用する側から見ると、単に年取った人だもんね。

同じ費用使うなら、やはりそこそこの年齢で元気な人の方がいいに決まっている。



定年後 やはり個人事業主かな

雇われるということは、気楽な部分もありますが、考えてみるとリスクもあります。
なんと言っても相手任せ。

会社が、倒産するればそれでおしまい。
つぶれなくても、事業縮小や店舗のスクラップ・アンド・ビルドで、会社の都合に翻弄されます。

まあ、多くの会社員は、そんなかんなで定年まで30数年生きてきたんですね。

もう僕も雇われる生き方は卒業しなきゃね。

まとめ

ある人がアドバイスしてくれました。

個人事業主になるのはいいけど、ひとつの案件で30万を稼ごうとおもわないで、3万円の仕事を10件やるつもりがいい、と言っていました。

さあ、でも何をやるかだよね。

僕の目標は、今年の年末まで、ネットビジネスで15万円。
コラム書きで5万円、と考えています。

これで20万円。しかも伸ばせる収入の業種なので、
在職中に伸ばせるだけ伸ばして、30万円以上は稼げるようにしたいですね。

よし頑張ろう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。