映画

シニアライフ

君の膵臓を食べたい 死ぬ前にやっておきたいリスト

母校の高校教師をしている“僕”が、歴史ある図書館の取り壊しに伴い、所蔵本の整理をすること命ぜられました。“僕”は、12年前にも図書委員として蔵書の整理をしていたのです。 その時に一緒に図書委員としてやっていた咲良の思い出を辿るところから映画が始まります。
映画

妻に優しくなれる 映画 おすすめ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月以来、自宅にいる時間が長くなった人が多いと思います。僕も4月7日から、ほぼほぼ6週間の自宅待機です。会社員の長女も数日の出勤がありましたが、ほぼ自宅待機。大学生の次女は、アルバイトが完全になくなり、授業はオンラインで。
映画

『キングコング対ゴジラ』と『新型コロナ』と『サラリーマン』と

アメリカの生んだモンスターキングコングと日本が生んだ怪獣ゴジラとの対決で、ゴジラシリーズ初のカラー映画でした。シリアスな1954年の『ゴジラ』から、3作目で娯楽に徹したエンターテイメントとなりました。
映画

「コロナ離婚」と「外出自粛」と「さびしんぼう」と

コロナ離婚というキーワードが急上昇しているそうです。もっともいままでなかったキーワードですから、少しでも出てくれば急上昇するのでしょう。ただ、外出制限の厳しい欧米では、DV被害が増えているそうです。結局、家族が一緒に家にいる時間が増えて、お互いのイライラをぶつけ合うのかもしれません。
映画

2030年 日本 AI崩壊を観て

現代から10年後の2030年、天才科学者の桐生浩介が亡き妻のために開発した医療AI「のぞみ」は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴といった全国民の個人情報と健康を管理していました。実は、桐生は、7年前の2023年に一緒に開発した妻をがんで失くしています。サ最後の妻の言葉が。。。
映画

是枝監督 海よりもまだ深く が教えてくれた

こんにちは。 こめまるです。 先日、アマゾン・プライムで是枝裕和監督の映画「海よりもまだ深く」を観ました。 素晴らしい映画だったので、ほかのブログでも紹介しました。 でも、見てから1週間以上経っているのに、ずっと心に残ってい...
映画

定年後 だから映画を観よう『ボヘミアン・ラプソディ』はおすすめ

定年後というか、55歳くらいから嬉しいのは、 映画が安く見られることです。 僕は勤めからの帰りによる、六本木の東宝シネマズでは、 60歳以上が1,100円で観られます。 また、自宅から市営地下鉄で3駅...
映画

定年後の映画 アバウト・シュミット アメリカも日本と同じ?

定年をテーマにした映画はどれほどあるんでしょうか? ちょっとわかりませんが、 最近では、内館牧子原作の「終わった人」が 舘ひろしと黒木瞳の共演で話題になりました。 僕は、どうもいかにも一般受けした設定が鼻につ...
映画

終わった人 映画上映も行く気がしなかった だってストーリーが。。。

内館牧子著「終わった人」を読んだのは、半年ほど前でしたでしょうか。 それなりに面白く読んだけど、 突っ込みどころ満載でしたね。 何と言っても舞台設定です。 主人公の田代壮介氏は、東大を出て、メガバンクのナンバー2...
年金

終わった人の映画がやってくる 定年を迎えた男の奮闘記

こんばんは! ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか? 昨日で前半戦は終わりました。 今日から5月。 1日、2日の今日明日は、出勤の方も多いのではないか?と思います。 さて、以前にこのブログでも取...
映画

ゴールデンウィークは映画! 東京ミッドタウン日比谷行こう!

こんばんは、ともやんです。 もうすぐ、ゴールデンウィークですね。 ゴールデンウィークと言えば、ご同輩、映画ですよ。 しかも60才以上なら、1,100円で観られます。 ※僕が良く行くイオンシネマは、55才以上が1,100円...
映画

母の日 映画に観る母親の姿と思い 思い出に残る作品紹介

母の日の由来は、今から100年以上前の1905年の米国フィラデルフィアで母を亡くした少女の思いから始まりました。 特に母の日がなくても、全ての人は母親から生まれていて、母を想わない人は一人もいないと思います。 僕は、昨年母親を亡...
日記

おくりびと、納棺師のお仕事に立ち会って

おくりびと 納棺師というお仕事 おはようございます、 ともやんです。 数年前「おくりびと」という映画が話題になりましたね。 映画としても高い評価を得ていたと思います。 今回、母が亡くなって初めて...
映画

コジラは戦争を思い出させる使者

こんにちは、ともやんです。 還暦まで16日。 コジラを初めて観たこと小学生の頃だったと思います。 だから昭和40年代前半。 観たのは1954年(昭和29年)に発表された第1作。 僕はこの映画その後なんども観...
映画

月1回は映画館へ

こんにちは、ともやんです。 映画が好きですが、なかなか劇場に行かないまま、 60才を前にしています。 でも一昨年くらいから行くようになりました。 と言ってもまだ少ないですが。 理由は、55才を過...
タイトルとURLをコピーしました