「人事を尽くして天命を待つ」は「他力」に通じる。

こんばんは、ともやんです。

僕は、人事を尽くして天命を待つ、という故事が好きです。

出来ることは全てやりつくして
結果は、運に任せるというもの。

僕は、これは五木寛之氏が唱える他力に通じると思っています。

なんか他力本願というと人任せ、運任せというイメージがあって、
マイナスイメージで捉える人が多いようですが、

僕は、「人事を尽くして天命を待つ」と「他力」を座右の銘としています。

やれることは全部やろう、
でも自分の力ではどうしようもないことがあります。

そんな時は、運命に身を任せよう。
なんてすがすがしい言葉ではないでしょうか?

元東京都都知事の石原石原慎太郎氏は、自力が好きだと、どこかの雑誌の対談で語っておられました。

石原氏と共に自力って胡散臭いよね。
僕はそう感じています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。