メキシコ国境を越えると

日記

おはようございます、
ともやんです。

 

トランプ大統領のとんでもない公約で、
アメリカとメキシコの国境に壁を作るという話で、
僕は、思い出しました。

 

そのむかし、1978年の頃、僕は大学の先輩と、アメリカとメキシコを貧乏旅行しました。

 

移動は、ほとんどグレイハウンドというバス。

 

そうサイモン&ガーファンクルに歌にも出てくるよね。

サンフランシスコからアメリカに入って、ソルトレイクシティー、デンバー、セントルイス、ニューオーリンズ、サンアントニオと移動して、そこからメキシコに入りました。

 

 

もういまか40年も前だけどいまでもはっきり憶えているのは、
国境を越えて、アメリカからメキシコに入った瞬間、快適なフリーウェイから、未舗装の道になるんだよね。

 

20才の僕は、初めて国境を渡ったけど、びっくりしました。
これが国と国の違いなんだって。

スポンサーリンク

 

それから最近面白い話を聞いたよ。
国境線は、特別地上に線を引いている訳ではなく、
地図上の線なんですが、宇宙船から送られる地上の映像を確認すると
地球上にはっきりと国境線の存在は分かるところがあるそうです。

 

それはアメリカの南カリフォルニアとメキシコの間で、国境線がはっきりと存在するのがわかります。

 

アメリカ側には灌漑された農地が広がり、季節によって青や茶色に見えます。一方、メキシコ側は未開発の荒れ地が広がっています。

その境目が、まるで国境線のように見えるんだそうです。

 

僕の40年前の経験と一致しますね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました