帰らないおじさん 働き方改革

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、
こめまるです。

帰らないおじさん、と言われて、えっ?俺のことか?と瞬時に思った僕は、現役サラリーマン時代は、残業に明け暮れ、休日出勤はし、まさに好きな言葉ではないが、社畜と呼ばれてもいい、従順な会社員でした。

休みの日も家で仕事をする、モーレツサラリーマンというとまだ仕事に対して前向きなイメージがありますが、どちらかというと仕方なくと言ったほうが良いサラリーマンでした。

スポンサーリンク

帰らないおじさん 働き方改革

最初、どこかの公園に集まって何かをしようという4人のおじさんたち。
しかし、時間が遅いわけではない。

だってその公園ではまだ小学生が遊んでいる。

つまり午後5時前。

では、このおじさんたちは、会社勤めではない?

単に背広を着ているだけ?

さて、一方、渡辺課長は、定時の午後6時を過ぎ、課員の視線が集まるの感じ、仕事をやめる。課員たちの「お疲れ様」という声を聴きながら、一旦は帰宅しようと、「今から帰る」とLINEに入力したが、何を思ったか、その文章は消してしまった。

そして公園のベンチに一人座り、煙草を吸っていると楽しそうにはしゃいでいる4人のおじさんたちと知り合いになる。

平成も終わりに近づくころから、「働き方改革」という言葉を耳にするようになった。
簡単に言えば、昭和的な働き方である長時間労働を止めなはれ、ということ。

また生産性の向上と多様な就労形態を工夫しろということ。

そして最初のとっかかりとしての定時退社。

僕ならおお喜びだが、中には犠牲者と言ってはおおげさだが、困る人も出てきた。

つまり時代の変化にアジャスト出来な人たち、

スポンサーリンク

帰らないおじさんを生み出すサイクル

残業が当たり前で、残業ありきで生活費、住宅ローン、子供の教育費を賄ってきたおじさんたちは、経済的余裕がなくなり、かと言って早く家に帰れば、父親不在に慣れていた家族からは、迷惑がられ、つまり居場所がなくなってしまったおじさんたち。

そんなおじさんたちは、どうしたいいのか?

残業をしてはいけないのだから、会社に残ってはいけない。
かといって、まっすぐ帰宅すると家族から疎まれる。

残業代が出なくなったので飲み屋にしけこむこともできない。

つまりこの漫画で描かれている「帰らないおじさん」の出現なのです。

帰らないおじさん (コミックDAYSコミックス)

でも、おじさんたちにもまだプライドが残っている。

帰れないおじさんではなく、帰「ら」ないおじさんなのだ。
あくまで自分の意志で帰らないのだ、と思っている。

スポンサーリンク

まとめ

西村マリコさんの『帰らないおじさん』を読みました。少しの衝撃と大きなる勇気をもらいました。

何度読み返してもいろんな角度から考察できる。
多分、作者も考えていなかったような、考え方がこの漫画から出てくると思う。

全部で16章あるが、ネタバレしない程度に考察していきたい。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました