定年後の再雇用 起業を考えているなら時間の活用術がポイント

こんばんは、こめまるです。

僕は、昨年9月での定年退職後、再雇用制度を使って、

引き続き同じ会社、しかも同じ部署で働いています。

再雇用の条件は、それほど悪くはなかったので、

再雇用で働いていること自体、

大きな不満はないのですが、全くないわけではありません。

それは、副業に割ける時間が、十分ではないことです。

今日は、その事について考えたい、いや、自分の頭を整理したいと思います。

皆さんも、定年後の限られた時間を

いかに有意義に使うかということを一緒に考えてみましょう。



定年後の再雇用 起業を考えているけど、現状を検証すると

僕は、現在契約社員として働いていますが、

フルタイムという条件です。

契約書に書かれている就業時間は、

9:30~18:30の9時間で、うち1時間の休憩があります。

そして通勤に使う時間は、約3時間です。

つまり契約社員として週12時間×5日=60時間も使うことになります。

次に、現在の一日24時間の使い方を考えたいと思います。

睡眠時間6時間、その他家での食事や雑用が2時間。

つまり、週7日間で、56時間。

だから、会社勤めと最低限生きることに必要な時間の合計が、1週間で116時間となります。

1週間は、168時間ですから、ここから116時間を引くと、52時間になります。

次に、僕は現在毎週日曜日に合唱団の活動を入れています。

湘南の茅ヶ崎まで通っているので、行き帰りと練習時間の合計が、7時間です。

52時間から7時間を引くと、45時間。

つまり、1週間に起業のために準備に使える時間が、45時間あるわけです。

定年後の再雇用 起業を考えているから、最大限の仕事量は?

さて、前の項で、1週間に起業のため、

具体的にはブログ書きに使える時間が45時間あるわけです。

ただ、これは最大に使っての時間です。

これに残業や飲み会などが入ると一気に減ってしまいます。

それを考えると週に使える時間は、40時間と考えるのが妥当かな、と思います。

さて、僕が1つのブログ記事を書くのに1時間とすると40記事書けるのですが、

毎日、運営しているブログに記事を入れるとなると5つのブログを運営するので、

精一杯ということになります。



定年後の再雇用 起業を考えているから、時間の有効活用

うーん、これは厳しいね。

最大40記事か。。。。

僕は8つのブログの運営したいと考えているので、そうなると56時間は必要になる。

1記事を30分で書けばいいじゃないか、という考えもあるが、

僕は、1記事に1000文字は書くので、30分では無理だし、考える時間や情報収集も必要。

そこで僕の考えた有効活用は次のようなもの。

1、通勤時にスマホで記事書き。1日1記事、週5記事。
2、過去に書いて記事の運用で、プラス11記事。

これでなんとか1週間で56記事になりました。

これでやってみようか。

まとめ

僕は、欲張りなので、8ブログを運営しようと考えています。

だから、毎日更新するとして、記事書きに1時間だとすると最低でも週56時間が必要です。
しかもこれはやり遂げるのは、生易しいものではありません。

でも、挑戦しようと思います。

このペースで年末までやってみよう。
その時、どんな結果が出ているか楽しみです。

でも、途中で息切れしたら、毎日どうしても更新するブログは5つなのでそれだけはキープしよう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。